TopMainImage

2011年5月号「心身のバランス」

 ベイエリアでは何だか初夏の日差しの香りがする日が増えてきましたね。皆さんお元気ですか?「全ての方にせぼね検診」を目指すドクター岡井です。早いもので東日本大震災から二ヶ月が経ちました。まだまだ先行きが見えない不安はありますが、日本が復興へ向けて確実に一歩一歩しっかりと歩んでいるのが分かります。五月は新緑の美しい季節です。地震などの災害をもたらすのも自然なら、新緑で新たな生命の息吹を感じさせてくれるのもまた自然なんですね。震災の被害の悲しみはとても辛いものでしたが、その後に感じた人々の思いやりや温かさ、そして結びつきが、被災地の皆さんの強さと共にとても印象的で、まるで心が洗われるような爽やかさを感じたのは私だけだったのでしょうか。自分の生き方や出来ることについて改めて深く考えた二ヶ月ではなかったでしょうか。

 普段の何気ない日常がどんなに幸せなことかよく分かりました。家族と我が家で明るい電灯の下で笑いながら食べるいつもどおりの夕食。リビングでせんべいをかじり大笑いしながら見るテレビ。蛇口をひねれば水が出て、温かいお風呂で気持ちよく鼻歌も歌える。自分の寝室で布団にくるまりぐっすりと眠ること。どれもが当たり前の日常だと思っていたのに、実はとても幸せなことだと気がつきました。人の幸せとは日常の何気ないことの中にこそあるのだと。そう思うと人生がとてもシンプルなものに見えてきました。自分の人生にとって大切なものがより鮮明に見えてきました。震災は我々に実に分かりやすく幸せの価値観の原点を教えてくれたように思いました。そしてその人生を楽しむためには健康であるということがどんなに大切かということをも再認識し、自分の仕事の素晴らしさと責任の重さも感じたのです。

 健康というものは肉体だけでなく健全な精神も含まれます。現代の日本では過剰なまでの便利さ、情報過多、唯物主義、競争社会が極限に達し異常なまでのストレス社会が出来上がっている気がしていました。その社会は人間にとって最もストレスの発散となる「人と話す」という機会まで奪っているのです。同時に何が幸せで何が大切かという価値観が随分と多様化し変わってきてお互いに分かり合えない人が増えたように思います。そして、そんな社会からのストレスに耐え切れなくなった人々が犯罪や自殺、病気という悲しい状況に追いやられているのではないかと常日頃から考えていました。それは決して人事ではなく誰の身にも起こりえることだということです。今回の震災のような予期せぬ大きな衝撃は直接の被災者以外にも多くの方に精神的なストレスを与えます。人間というものは本当にストレスに弱いものです。自分は大丈夫だと高をくくっていた人も自分のもろさを実感して戸惑ってしまいどうして良いか分からなくなってしまうほどです。

 一昔前にはあまり聞いたことがなかった心療内科、精神内科というものを頻繁に耳にするようになりました。その必要性がそれだけ増しているということでしょう。多くの精神的な疾患の原因が心因性のストレスだといわれるようになりました。確かにそうだと思いますが、二十年に渡り身体の診療をしてきて分かったことがあります。それは、心因性のストレスを受けやすい状態を作ってしまっている人が非常に多いということです。そしてその状態を非常に効果的に改善できるのがカイロプラクティックなのです。一体ドクター岡井は何を言っているんだ?と首をかしげている方も多いでしょう。何でも直ぐにカイロに結びつけるのは悪い癖だと思われているかもしれませんね。しかし何も難しい話ではないのです。大体、単純人間の私が難しいことなど考えるはずがありません。それはこうゆう簡単なことなのです。

 あなたが疲れきっていたり、身体にしつこい痛みがある状態を想像してください。例えば酷い肩こりで頭がモヤモヤして肩に重石が乗ったような状態です。頭痛などもあるかもしれません。その上、腰までシクシク痛み、背中はこってパンパンです。辛いですよねぇ~。そんな時にです。空気を読めない同僚がちょっときわどい笑えない冗談など言ったら、カチンと来てプッツンと切れてしまうものです。思わず強い口調で相手をたしなめたり怒ったりしてしてしまいます。身体の調子が絶好調の時なら心にも余裕があって、笑って流したり、ウイットに富んだ冗談で返したり出来たかもしれませんね。さて、それでは再び不調な状態になってみてください。そんな体調の悪いあなたの周りで子供たちが大声で騒いであなたの言うことを聞いてくれません。思わず大声で怒鳴って子供を叱ってしまうでしょう。う~ん、どこかで目撃したことがあるような状況ですね。ここでも、もしあなたの体調がよければ、機嫌良く「なんてお茶目で元気な子だろう。我が子ながら可愛いな」と思えるかもしれませんね。それではまたまた不調な状態になってみてください。今度はあなたに聞こえないようになにやらコソコソヒソヒソと笑いながら話しをしている人たちが目に入ります。「きっと何か自分の悪口をいって愉しんでいるに違いない。本当に嫌な人たちだ!」と思ってしまうかもしれません。ところが体調が良ければ「何か楽しそうに話しているな、自分も仲間に入れてもらおう!」と笑顔で寄っていくことでしょう。どうでしょう、あなたにもこんな経験はありませんか?

 そうです体調が悪いと誰もが怒りっぽくなったり、猜疑心の塊で疑心暗鬼になってしまうのです。そして取るに足らないことで過剰反応して自分で自分に精神的なストレスを掛けてしまいます。更に後で冷静になってから自分の取った行動を思い返し、自己嫌悪を感じて落ち込むのです。これは誰にでもあることです。よく「痛みは人格を変える」といいますが、どんな温厚な人物でも、痛みが続けば不機嫌になり、怒りっぽくなってしまうものです。体調がどれだけ精神的ストレスを受けるかを左右するかがよく分かると思います。今、心因性のストレスで苦しむ方の多くが実は根底に体調不良を抱えているのです。ですからそのような方は体調が良くなれば自然と心も元通り健康な状態に戻っていくのです。また、体調が良くないらない限り、いくら素晴らしいカウンセリングを受けたり、薬を飲んでも望むような結果が得られないということもあるのです。心と身体は密接な関係があるということは皆さんご存知なはずです。だからこそ、カイロプラクティックで早めに体調を整え健康で元気な状態にすることが大切なのです。治療に通う時間がないという忙しい人ほど、実は治療が必要なのです。

 マッサージや色々な理学療法などで身体をほぐすことも大変いいことです。ですがカイロプラクティックの仕事は独特です。筋肉をほぐしても背骨の関節が固まって動きが悪くなっていれば、その背骨の関節を包むカプセルにストレスが掛かり、脳にその異常を伝えて筋肉を硬くさせてしまいます。固まった背骨の関節を有効かつ直接的に動かして背骨の機能を正常化させることが出来るのはカイロプラクティックしかないのです。動くべき関節が固まっていれば連鎖して身体全体が固まっていくということです。ですからカイロの治療を受けた患者さんが「身体ってこんなに軽く動くものだったんですね」と感想を漏らすことは珍しいことではありません。この素晴らしい無二の療法であるカイロプラクティックの伝統的アジャストメントはかけがえのないテクニックであります。ところがカイロの世界でも便利さや技術の進歩につれて治療法も多様化してしまい、一番基本で大切であるアジャストメントが出来ないカイロプラクターが増えているという奇妙な現状があります。それだけ習得が難しいと言えるのかもしれません。どこに行っても治らなかったという患者さんがカイロプラクティックのアジャストメントで良くなることが多いのは、大切な背骨のケアを直接的に出来る医療は他にないからではないかと思います。ですから、カイロもシンプルに原点に戻り、アジャストメントという基本を大切にしてその素晴らしさを再発見するべきなのです。

 私のクリニックではこのカイロプラクティックのアジャストメントという背骨の矯正治療をとても大切にし、日夜その技術の研鑽に励んでいます。それに加えて理学療法などを有効に用いて、その患者さんにあった治療を心がけています。そのようにして心身のバランスを崩した皆さんのお力になれればと願っています。何が幸せか、何が大切かを見つめなおして、健康を犠牲にして働くことは決して幸せには繋がらないのだと気づいていただけたらと思います。背骨を当たり前の状態に戻すという非常に単純なカイロプラクティックの理論ですが、その効果や必要性は皆さんが思うよりもずっと大きなものなのです。是非カイロで皆で元気になってもらい、日本を世界を明るく照らしていただきたいですね。

サンマテオ・クリニック
100 S. Ellsworth Ave.
Ste. 804
San Mateo, CA 94401
Tel: (650) 344-8743

メールでのお問合せ
[email protected]

サンノゼ・クリニック
4323 Moorpark Ave.
Ste. A
San Jose, CA 95129
Tel: (408) 343-3835

メールでのお問合せ
[email protected]

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診