TopMainImage

2010年12月 「健康レベルアップ」

ベイエリアの皆さん、お元気ですか?「全ての方にせぼね検診」を目指すドクター岡井です。いよいよ師走になってしまいました。心の準備が整わないうちにあれよあれよと新年を迎えてしまうのでしょう。12月は忘年会やクリスマスなどもあってとても忙しい月でついつい体調を崩しやすくなってしまいます。こういう時こそ、しっかりと体調管理をして元気に新年を迎えたいですね。もちろんそのためにカイロの治療が役立つことは言うまでもありません。最近カイロの治療を受けていない方、また興味はあるけどきっかけがなくてカイロを体験したことがない方は是非ご連絡くださいね。
さて、12月は我が家では毎年娘のユースバレエでの「ナッツクラッカー」の公演で始まります。今年は娘も憧れていた役を頂いていつもにもまして張り切っていました。例年なら妹のバレエを観にいくのをかたくなに拒む息子もそれなら今年は観にいってやるかという訳の分からない尊大な態度で観に来ていました。妹の出番以外のシーンではつい眠気が襲って来たようで恥ずかしくも公共の場で大口を開けて眠りこけていました。親としては情けない思いでガックリと肩を落としてしまいますが、男の子は大体そんなものでしょう。そんな息子も16歳となり先月ようやく自動車の免許書を手に入れ自分で高校に運転して行ってくれるようになりました。私たち夫婦も長年の呪縛、いや拘束から解放されてついに自由を手に入れたのです。と言っても娘がいるのでまだ完全な解放ではありませんが、三人で一人の送り迎えを分担するのは随分と楽なものです。娘は車の中ではお気に入りの音楽さえ流れていればおとなしくしていますが、休みなく携帯に入ってくるテキストやそれに対する返信が気になります。私もあまりに酷いともういい加減にやめるように注意します。娘は一応注意されると止めるのですが、何を一体そんなにテキストすることがあるのかと不思議でなりません。
子供たちからも少しずつ手が離れていき、お互いに自由になる反面コミュニケーションの機会が減るのは確かです。今まで送り迎えの車中は色々な話、殆どが私のお小言ではありますが、まあとりあえず話が出来たのです。幸いにもと言っては何ですが娘はバレエで足がよく痛くなるし、息子はサッカーや野球で怪我が絶えないので私に治療を頼みにきます。これは私優位の関係であるがゆえに子供たちも治療の間は私の小言を我慢して聞かなければなりません。素晴らしいことです。私の子供たちは小さい頃からカイロの治療を受けているので、治療を受けることで体調がよくなり楽になることが分かっています。ですから少々のお小言は我慢して治療を受けるのでしょう。私がカイロプラクターである限りこの関係は続くであろうと予想され、私は密かにほくそ笑んでいるのです。
私はよく「子供にもカイロが必要なんですか?」と訊かれることがあります。「もちろんです。うちの子なんか生まれた直後からカイロやってますよ」「カイロは乳児から老人まで全ての方の健康のために有効なのですよ」と答えます。多くの方が驚きますが、なぜ子供に必要かはピンと来ないようです。皆さんは生まれてくる子の多くがが完璧な健康であるとお思いでしょうか?実は多くの子が大なり小なり問題を抱えているものです。一般の方が見て大きな問題がなくても我々カイロプラクターから見れば、まことに明白な問題があることは珍しくないのです。子供は長い間お母さんのおなかの中で窮屈な体勢で成長し、柔らかな身体は狭い産道をとんでもない圧力を受けながら搾り出されるように通って誕生するのです。スルっと問題なく生まれる子はまだしも、多くの子は途中で引っかかったりしてなかなか一気に出て来れないものです。あるお子さんのケースなど、頭の半分が出たところで妊婦さんの体力が尽きてしばらくそのままでいたら生まれたときに子供の頭がヘチマのような形になっていたという恐ろしい話もあるのです。大きくなるにつれてほぼ分からないように成長したそうですが、お母さんには他の子より何となくまだ顔がヘチマの形になっているように見えるそうです。またケースによっては吸引を使ったり、先生がかなり強引に引っ張り出すこともあります。このようなときに赤ちゃんの首や背骨に影響がないわけがないのです。
小さな子供たちの背骨の問題は我々カイロプラクターなら触診だけでかなり分かるものです。背骨の一部がずれていたり、引っかかって動きが悪ければ身体にとって良いことはありません。ましてやこれから身体がぐんぐん成長する子供たちにとって歪んだまま成長することは大きな問題です。背骨をただ正常に動くようにしてあげるだけで健康上大きな差が生まれるのです。これは子供だけでなく大人にも同様なことがいえるのです。カイロプラクティックの考え方は実にシンプルでメカニカルです。それだけにカイロのことを殆ど知らない方に説明すると皆さん簡単にそのメカニズムを理解してくださいます。特に理系頭脳の男性には分かりやすいようです。背骨やその他の関節を正常に動くように、正常なバランスを保つようにすれば身体は正常に機能するはずだということです。そしてそのために骨を支える筋肉の柔軟性とバランスをも注目するのです。
カイロプラクティックは痛みだけのためにあるのではないのです。身体が正常に機能するようにするのです。ですから治療をしていると面白いことが頻繁に起こります。それは主訴の改善以外に思いがけない効果が表れるというものです。女性患者から頻繁に聞くのは「整理痛がなくなった」「冷え性が改善された」「お通じがよくなった」というものがトップ3でしょう。男性では「ゴルフのドライバーの飛距離が伸びた」「パソコンのモニターがクッキリ見えるようになった」「頻繁に出張に行けるようになった」などという実用的な感想が多いです。これはただ単に身体が正常にあるべき形で正常に機能しているという単純な話なのです。しかし、当たり前の簡単な話ほど実は難しいものです。その他にも「めまいや耳鳴りの改善」「偏頭痛がなくなった」「疲れにくくなった」「身体がスッと動く」「良く眠れる」などと感想が寄せられます。
スポーツなどにも身体の関節や筋肉の動きが悪いと様々な影響が出てきます。最近の医療のトレンドでは投薬治療や運動療法が主になり、治療家が実際に手で患者を触診し治療することが減りました。ゆえにカイロプラクターの存在がより重要になっているのでしょう。アスリートの敏感な身体を細部まで手で感じ、それによって治療するのはある種芸術的ですらあるものの解剖学や運動力学、物理を基に考えれば非常に当たり前の治療をしているのです。このように本来は身体は診られるべきだと思います。ですから他の医療ではまったく分からない問題が我々にとっては実にシンプルで単純な問題として理解できることもあるのです。世の中にはレントゲンやMRIには写らない問題がたくさんあるのです。カイロプラクティックは単純です。身体を本来のあるべき姿に戻すことで正常に機能するようにさせたいというものです。身体が正常に機能するためには問題のある箇所だけでなく身体のあらゆる部分との連携に注目していかなければなりません。ですからたとえば膝が痛い場合でも膝の神経の出ている腰椎の治療もすれば、大腿骨がついている骨盤、そして足や足首の骨、そして筋肉を見逃すわけにはいかないのです。カイロプラクティックは患部だけを局所的に診るのではなく、リンクをたどって近隣の関節や神経、そして筋肉も同時に拝見させて頂きます。そしてどうして正常に機能していないかを探っていくのです。
皆さんの多くの方が「自分の身体は悪くない」「痛くない」「我慢できる範囲だ」「誰でもこれぐらいの問題はある」と現実否定をしていることでしょう。カイロプラクティックの治療が怖いという方もたくさんいますが、実際はそれほど怖いものではなく、その方に合わせて無理のないように治療していきます。身体をあるべき正常な状態に持っていく努力をすればどれほど体調に差が出るかが体感できるはずです。今まで健康面での低空飛行をしていた方が一気に健康志向になることも珍しくありません。痛くなければ良い、どうにか生活できるからいいという考えから脱却していただき、よりレベルの高い健康を目指してみてはどうでしょうか?きっとカイロプラクティックがそのお手伝いを出来ると思います。忙しい年末年始こそあらためて健康のプライオリティーについて考え行動を起こすべきではないでしょうか。是非あなたの健康レベルをアップさせてよりアクティブでプロダクティブな人生を目指していただきたいと願っています。

Dr.岡井の機密情報「フードドライブ」
12月13日(月)から18日(土)の一週間、岡井クリニックでは恒例のフードドライブを行います。今年で十四年目になるとおもいます。お一人様缶詰5個お持ちいただくと初めての方は問診、せぼね検診、レントゲン、そして結果報告が無料で受けられます。所要時間は30分ほどです。既存の患者様は無料メンテナンス治療のクレジットが一回分ゲットできます。この機会に困った方を助けて健康になりましょう。缶詰は英語表記で綺麗なものに限らせていただきます。日本語表記のものやペット用の缶詰は受けつけておりません。スープ類など開けて直ぐ食べられるものが歓迎されるようです。お持ちいただいた缶詰は日系市民団体を通じてSecond Harvest Food Bankに寄付されます。たくさんの缶詰を寄付したいので一人でも多くの方にご協力願いたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。予約やご質問はお気軽に日本語でお電話ください。
サンノゼクリニック(408)343-3835     サンマテオクリニック(650)344-8743

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診