TopMainImage

2010年8月 「忙しい夏」

ベイエリアの夏はなんと爽やかなのでしょう!皆さんお元気ですか?「全ての方にせぼね検診」を目指すドクター岡井です。連日のように日本のゲリラ豪雨や酷暑のニュースが飛び交う中、このベイエリアは40年ぶりの冷夏ということでとても涼しく快適な毎日ですね。暑がりの私にとっては大変嬉しいことです。日本の皆さんが暑さに苦しむ映像をテレビで目にするたびに罪悪感さえ感じるのです。「やっぱ、夏はここが一番。暑い日本に帰るなんて信じられないな~」とポリポリと腹を掻きながらせんべいをかじって平和な日々を過ごしていました。休みの少ない私にとって待望の夏休みは、家族の南のビーチという希望に逆らって更に涼しいバンクーバーに行って美味しいシーフードをたらふく喰ってやろうという魂胆でした。自分の中ではほぼ完璧な夏です。走るのが嫌いな私が酔った勢いで参加を約束してしまったサンフランシスコマラソンの5キロ走にも出場するし健康面も更に充実だ!と思っていたのです。それなのに・・・・・・
数日かけてバンクーバーのホテルをどこにするかさんざん悩んだ末にようやくここにしようと決めて「さあ、それではインターネットで予約するぞ、いいな?」と家内に告げて、おごそかにコンピュータの前に着席しスイッチを入れてインターネットをつなげました。するとそこにはいくつかのメールが届いていました。「まずはメールをチェックしてから、心を落ち着つけて間違いないように旅の予約をするか」と独り言を言いながらメールを見ると日本で私の本などを出版してくださっている出版社の社長からのメールが届いていました。私はまさかそのメールが私の夏の運命を左右することになろうとは夢にも思わず気軽に画面をクリックしてメールを開封したのでした。開かれたそのメールには8月にアメリカから著名なカイロプラクターを呼んでセミナーをする予定がのっぴきならない事情でその先生が急にキャンセルしてきて大変困っているという内容が書かれていました。その理由を聞くとその先生を決して責めることなどできず、社長の困っている姿が目に浮かぶようでした。もとはといえば数年前に私がその先生を社長に紹介した上に、彼の著書やDVDの翻訳までしているのでした。そこで社長は私にどうにか彼の代役をしてくれないだろうかと懇願してきたのです。しかし、その日程は私のかけがえのない休暇と重なっていたのです。
待ちに待ったバンクーバー旅行の予約ことなど一気に吹っ飛んでしまいました。まずはどうやってセミナーを断ろうかと理由を考えなければなりません。こんなことだったら前の晩に悩まずインターネットで予約ボタンをポチッと押しておけばよかったと後悔しても後の祭りです。落ち着いてメールを何度も読み返すうちに、どれだけ私が必要とされているかが伝わってきてしまいました。家内に「実は今メールが届いて・・・」とメールの内容を説明しました。「こまったなぁ~、どうしようかな」という私を尻目に家内は「そんなこと言って、もう決まってるんでしょ」と私の心を見透かしたかのように言うのです。困っている人を見捨てることが出来ない私の性格をよく知っているのです。そして私がその社長やカイロプラクター、そしてカイロが大好きなことも承知しているのです。皆さんにそこまで必要とされているなんて幸せなことだと気持ちを切り替えたのです。
そんなけなげな私のもとに一本の電話が掛かってきました。翌週に受講する予定のカイロのライセンス更新のためのセミナーの主催者からでした。私が申し込んでいたセミナーがキャンセルになったという内容です。どこもかしこもキャンセルだなと思って別のセミナーを探しましたが、なかなか都合の合うセミナーが見つかりません。7月一杯に受講しなければライセンス更新が出来なくなり仕事も出来なくなってしまいます。唯一受講できる可能性のあるセミナーが楽しみにしていたサンフランシスコマラソンと同じ日でした。これは当然ライセンスを優先するしかありません。折角参加費も払い込んでいたし、練習もしていたので残念でなりません。優勝候補の私が出ないと喜んでいる人がたくさんいるかもしれません。本当に残念でした。
バンクーバーは私一人が行きたがっていた感もあるので、家族の落胆はそれほど大きなものではなく、代わりにギルロイのアウトレットモールでお買い物という案をかえって喜んでいるようでした。もし南の海を予定していたなら、このようにスムーズにことが進んだはずはなく、かなり家族の反発を食ったであろうと容易に想像できます。そのような意味では不幸中の幸いと言えなくもありません。そういうことで楽しみにしていた休暇を返上し、クソ暑い日本へ行くことになった私は、休暇もマラソンもなくなって大急ぎで連日セミナーの準備をするというまさに仕事一色の忙しい夏になってしまったのです。自分はもしかして仕事人間だったのか?と今頃になってようやく気づきました。
私の患者さんにも仕事人間の方がたくさんいます。自分の健康よりも仕事を優先してきた結果、身体を壊してしまうのです。日本人には欧米に比べてこのような方が多いのではないでしょうか。有給休暇さえ取りづらい風潮が日本にはまだ根強く残っていると聞きます。滅私奉公の時代の名残が強く残っているのでしょう。初診のあとにレントゲンの説明や所見、治療プランを説明すると、仕事が忙しくて治療には通えないという方がたくさんいらっしゃいます。ですが私は仕事のためにも身体を大切にしてください。治療を優先させてくださいとお願いします。健康だからこそいい仕事が出来るのです。体調が悪ければ能率も低下し、ミスも多くなってしまうものです。治療を受け始めると体調がよくなるので、このような方々も喜んで治療に通ってくるようになるものです。疲れをためて無理をしても何もいいことはありません。やがて無理がたたって身体を壊して仕事を休んでも誰も褒めてくれませんし、叱責さえされかねません。
今、日本で心療内科というところが大賑わいで予約が取れないそうです。多くの方が自律神経失調症で訪れるそうです。これも無理な姿勢で長時間コンピュータに向かうことで自律神経が最も活発に出ている背中がパンパンに張り、内臓のバランスが崩れて体調がおかしくなり、やがて精神的にも影響し始めるのです。このような患者さんも私のクリニックでは数週間の治療で心療内科のお薬が必要なくなる場合が殆どです。治療によって背中がリラックスし背骨の動きがよくなります。自律神経の流れも正常になり調子が戻ってくるのです。患者さんは「身体ってこんなに軽いものなんですね」「背中に羽が生えたようです」などとユニークなフィードバックをくれます。表情も見違えるように明るくなり、身体の動きも軽くなり、仕事にも好影響が出始めるのです。「先生のせいで仕事をしすぎてしまいます。以前は疲れてとても出来なかったのに、今は軽くこなせてしまうんです」「以前は出張が辛かったんですが、今は毎月日本へ行っても大丈夫です」などという方がたくさんいます。出張の行き帰りにクリニックへよる方も多いです。長期の日本出張から戻り、奥さんに会うより先に私に会いに来る方もいます。忙しい人ほど体の調子を整えるべきだと思います。ですから、忙しい忙しいと身体の手入れを先延ばしせずに、しっかりと手入れをして能率アップすれば治療に費やす時間のロスなどあっという間に取り戻せます。何より溌剌と過ごせるのです。「痛くなければ悪くない」という間違った認識を捨てるところから始めて欲しいものです。痛くなったときは既に身体が耐えられなくなって悲鳴を上げている状態です。体調をなるべくベストに近い状態で生きていくのか最低のレベルで生きていくのかということでしょう。
私も二泊での尋常ではない暑さの日本への出張の前に治療を受けます。日本についても治療を受けます。そして戻ってからも。そうやって体調を整え、休暇がなくなってしまったこの夏も元気一杯で過ごしたいと思います。忙しい忙しいという皆さん、是非私に会いに来てカイロで元気一杯忙しく活躍しませんか?きっと今までよりも元気にガンガン仕事が出来ますよ。

Dr.岡井の機密情報「保険がなくても大丈夫」
世の中の景気が悪くなると企業が最初に経費削減の対象とするのが福利厚生です。医療保険は最もターゲットになりやすいのです。保険のカバー内容が悪い安いプランへと移行されます。保険会社も投資での収入が減る分を支出を抑えて賄おうと締め付けが厳しくなり支払いも渋くなってきます。岡井クリニックでも保険なしのキャッシュプランで治療を受ける方がたくさんいらっしゃいます。たとえ保険がカバーしても、カバー率が低くてキャッシュプランとそれほどかわらないことも多い昨今、岡井クリニックではどんどんキャッシュプログラムをご利用いただきたいと思っています。問診、検査、レントゲン、治療を含む初診が$99ドルで受けられます。(サポーターや電気治療必要な場合のパーソナルパッド代($10~20)は別)二回目からの治療も必要な治療回数にあわせてディスカウントキャッシュプランが用意されていますのでお気軽にお問い合わせください。保険がなくともカイロの治療は受けられます。料金はディスカウントしても治療の手は抜きません。カイロプラクティックで体調を整え、より大きな問題とならないようにしましょう。予約、ご質問は日本語でお気軽にどうぞ!
サンノゼクリニック                     サンマテオクリニック
(408)343-3835トモコまで                (650)344-8743マナミまで      

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診