TopMainImage

2010年5月 「走ります!」

 ようやくベイエリアの雨季も一段落したようで、晴れの日が続くようになってきました。皆さんお元気ですか?『全ての方にせぼね検診』を目指すドクター岡井です。数年来続いた水不足も今年は心配しなくて良いようですね。景気も少し上向きなようで夏に向けて気分が俄然明るくなってきました。既に夏のバケーションのプランニングに余念がない方も多いことでしょう。私はクリニックを休診にすることが難しいので長期の休みは近年取ったことがありません。当然、家族からはブーイングです。私は治療が大好きで仕事は苦にならないのですが、家族はやはり夏にはどこかに連れて行ってもらいたいのです。私も家族と旅行に行きたいのは山々ですが、苦しむ患者さんを置いてバケーションに行っても気になってゆっくり出来ないのです。もしかしたら、患者さんはそれほどまでには私を必要としていないのかもしれませんが、私は勝手に自分の存在意義をそこに見出したいという意識からか「私がいないと…、きっと困る人がいる」などと考えてしまうのです。
 そんな私に家族もいい加減見切りを付けたのか、息子は夏休みに教会のユースグループの代表として数名の仲間と日本へミッショントリップへ行き、日本の教会での奉仕活動や山中湖や伊豆大島でのキャンプに参加するというではないですか。山中湖も伊豆大島も私は行ったことがありません。はっきり言って羨ましいです。娘は娘で今年の夏はバレエのサマーレッスンに燃えるそうです。毎年日本へ行って夏場の練習がおろそかになっていたので、今年は体も大きくなってバレエのほうも伸び盛りで鍛えるには絶好のチャンスということのようです。本人も少しはやる気が芽生えてきたようです。家内は一生懸命頑張っているエクササイズの武者修行のために日本へ行って来ようかしらなどと申すので、犬たちと娘の面倒を私一人で見るのは勘弁と思いとどまってもらっている次第です。とにかく家族全員何か一生懸命なのです。
 そんな夏休みの前も忙しいイベントが目白押しです。私は5月は箱根祭り、そして6月は日本語学校の運動会でのボランティアと週末がゆっくり出来なくて、毎年忙しくも充実した時期を迎えます。息子は地域の野球リーグのチームの練習と試合、サッカーのクラブチームの練習と高校のサマーサッカーの試合と相変わらずの忙しさです。「勉強はいつするのだろう?」とふと不安になります。
 娘はバレエの発表会と『不思議の国のアリス』の公演があります。「何の役をするの?」と私が訊くと「ロブスターよ」と家内が教えてくれました。娘は「プリティーロブスターよ!」とすかさず訂正しました。「も、もちろんそうだよね。ただのロブスターじゃないよね、プリティーロブスターだよね」と言いながらどんな衣装なのだろうと日本のバラエティー番組のような被り物のロブスターの姿を想像してしまう貧困な想像力に我ながら戸惑いを隠せません。実際の衣装はもちろんバレエの衣装ですから華やかなのでしょう。娘本人は周りの皆さん同様きっとアリス役を内心望んでいたのでしょう。しかし、皆がアリスでは話が成立しません。どんな役も同じように重要なのです。きっと娘はプリティーロブスターの役を立派に演じてくれると私は信じています。私はプリティーロブスターの父親としてそれを誇りに思うことでしょう。
 そんな多忙な家族に期待されなくなった父としては、仕事以外にも何かやることを見つけなければなりません。ただのプリティーロブスターの父で終わるわけにはいきません。今年は少し真剣にゴルフをやってみる気になりました。あまり好きでなかったゴルフの練習場にも通って練習を始めてみると、自分の足腰の弱さに失望してしまいました。思い通りのスイングが足腰の力が不十分で継続して出来ないためとても不安定な状態なのです。これはちょっと走り込まなければいけないかなと、足腰の強化の必要性を感じていました。そんな折、少年野球のコーチ会と称する飲み会がありました。酒を飲みながら野球談義や子育て談義に花を咲かせることは本当に楽しいものです。そこで最近ランニングを始めて小レースなどに出始めたばかりのあるコーチが、皆をランニング仲間に引きずり込もうと一生懸命ランニングの話をし始めました。ゴルフのために走らなければならないと潜在意識の中に刷り込まれていたせいもあるでしょうが、酒の力とは実に恐ろしいものです。まんまとそのコーチの誘いに乗り、迂闊にもコーチ陣皆で7月に行われるサンフランシスコマラソンの5キロ走に出場する約束をしてしまいました。
 私は走るのが大嫌いで、マラソンを走る人の気持ちが分からないと言って憚らない輩です。いくらランナーズハイが爽快だといっても、走る苦しみは半端ではありません。それなら酒を飲んでハイになったほうが圧倒的に楽で楽しいではないですか。それなのに最近のランニングブームは一体何なんだと不思議でなりませんでした。たとえお金をもらっても走りたくないと思うのに、どうして世の中には高いお金を払って苦しい思いをして走る人がこんなにもたくさんいるのだろうかと理解に苦しんでいたのです。お恥ずかしながら、今までお酒では数え切れないほどたくさんの失敗をしてきた私です。しかし、いくら飲みすぎていたとはいえ、調子に乗って5キロ走に参加すると約束するなどあってはいけないことなのです。飲み会の翌日、そのコーチから何やら嬉しげなメールが届き、マラソン大会の参加申し込みページのアドレスが貼り付けてありました。メールにはご丁寧に参考の練習メニューや町内の5キロコースの地図まで書いてあります。なんとも手回しがいいというか、用意周到な方でしょう。私は「何のこと?」と酔っていて何も覚えていないとシラを切ろうかと思いましたが、他のこコーチたちの手前そんなカッコ悪いことはとは到底できません。まあ、1マイルはたまに走っているので5キロで死ぬことはないだろうと思いました。たとえ酔っていたとしても男に二言はありません。早速潔くインターネットで参加申し込みを済ませました。
 5キロレースに備えて、先週から週に一回4キロ弱のコースを走り始めました。最初に走ったときは全然足が前に出ずヘロヘロになりました。その上、翌日はとんでもない筋肉痛です。ですから怪我をしないようにたっぷり一週間休養をとってから、また同じコースを走ってみました。すると一回目よりは楽に走れて少し手ごたえをつかみました。しかし、それも束の間で次の日の夕方に股関節周りが痛くて辛かったです。走ってから筋肉痛が出るまでの微妙に長いタイムラグが正直気になります。歳をとると筋肉痛が出るまでに時間がかかると言います。乳酸が作られるのにそれだけ時間がかかるということなのでしょうか。怪我をしないように、そして足腰を鍛えられるように少しずつあせらず練習を重ねていきたいと思っています。それがより優れたゴルフスイングに結びつくのだと考えれば、少しやる気も湧いてきます。
 運動は我々の自信、健康、活力、ストレス解消には欠かせないものです。私のクリニックにもスポーツによる怪我で治療に見える方がたくさんいます。それは腰、背中、首、肩、ひじ、ひざ、足首など実に多岐にわたるものです。私の目的は少しでも早く回復してもらい再び運動、スポーツに復帰してもらい、怪我の再発の予防にもお役に立つことです。カイロプラクティックはスポーツ医学としても注目を集めています。アメリカではプロスポーツやオリンピックチームにもカイロの治療が欠かせないものとして取り入れられています。PGAツアーでも専属のカイロプラクターが各大会で必ずサポートしているのです。怪我の治療だけでなく、パフォーマンスアップにもカイロは非常に有効です。皆さんの楽しいスポーツライフを私がサポートできるようにと願っています。私にとって最初で最後となるであろう5キロレースを怪我無く無事に完走したいと思います。皆さんも是非この夏は元気にアクティブにおすごしくださいね。

機密情報
第十一回 箱根祭り
シリコンバレーの奥座敷、サラトガにある本格的な日本庭園「箱根ガーデン」では、この日曜日5月16日に第十一回目となる箱根祭りを開催します。そこでの収益金は箱根ガーデンを管理運営する重要な資金として寄付されます。様々な日本伝統芸能のデモンストレーション。日本食フードコート、サイレントオークションに出店など家族で楽しめるイベントです。岡井クリニックも毎年そこでスポーツマッサージ(服着用のまま)や骨粗しょう症のための骨密度検査を格安で行って、収益を全額寄付しています。とても素晴らしい日本庭園を皆でサポートしましょう。是非お誘いあわせの上、箱根祭りに遊びに来てください。詳細はWebサイトでご確認ください。www.hakone.com

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診