TopMainImage

2009年3月 「球春」

いよいよ3月だ。春になるとなにやらワクワクするのは私だけであろうか?私がワクワクする理由は大好きな野球シーズンが始まるからだ。このコラムが世に出るころにはワールドベースボールクラシックも盛り上がっているころだろう。本当なら二月はアリゾナでのSFジャイアンツのキャンプも見に行きたいところだった。そんな野球好きの私の息子も早いもので高校のフレッシュマンになり野球部に入っている。こちらの高校スポーツは入りたいからといってすぐに入れるわけではなく、トライアウトという入部テストがつきものだ。息子もどうにか無事にトライアウトを通過して学校で野球漬けの毎日を過ごしている。トライアウトまでは息子の野球の練習に付き合っていたが、高校の野球が始まってからは息子から相手にしてもらえなくなった。お父さんと練習すると疲れるから高校の野球シーズンが終わるまでは一緒に練習しないそうだ。折角ノックの雨を降らせてヒイヒイ言わせてやろうかと楽しみにしていたのに先手を打たれてしまった。誠に残念だ。

息子に相手にしてもらえなくなったからというわけではないが、知人たちと昨年の秋から地域の日本人の子供たちを集めて野球の練習チームを作り、そのお手伝いをさせてもらうようになった。最近テニスやサッカーに押され気味で、日本人の子供たちのリトルリーグへの参加が非常に少なくなってきているのを嘆いていたのだ。私のように野球好きの九州男児が4人濃い顔を寄せ合い集まり、基本的な野球の手ほどきをして子供たちに野球の楽しさを知ってもらい、やがて地域のリトルリーグで活躍してもらおうというものだ。サッカーもテニスも素晴らしいが、王、長島で育った私にはなんと言っても野球が一番なのだ。子供の頃は見るテレビ番組はもちろん『巨人の星』。大リーグボール養成ギブスに憧れて育った世代だ。そんな野球オヤジの集まりに付いた名称は当然のように「一徹会」。尊敬する野球人は、もちろん星一徹だ。趣味は夜空に輝く巨人の星の観測をすること。惹かれる言葉は「魔球」。しかし、アメリカでは畳の上で卓袱台をひっくり返すことも出来ないし、チャイルドアビュースにうるさいので息子に豪快なビンタをお見舞いすることも出来ない。元祖星一徹から見ると、とてつもなく中途半端な一徹たちではあるかもしれないが、野球を愛する気持ちは負けていない。

仕事中も一徹会のメンバーからはメールが入り、どのように子供たちに練習させたら効率がいいか、楽しんでもらえるかなどと相談している。アメリカの野球では学べない礼儀や道具を大切にすることなども学んで欲しいと願っている。地域の子供たちと触れ合うことで、子供たちの顔や名前も覚えて親しみも湧いてくる。やはり思うことは素直に元気に大きくなって欲しいということだ。家でゲームをするのも楽しいだろうが、外で思い切り体を動かしスポーツを楽しんで成長すると、体と脳との連携が鍛えられて脳にもいい刺激が行くようになる。将来仕事をするようになったら、大切なのは体力だ。いくら優秀な頭や能力を持っていても健康でなければ、その力を発揮できない。健康で精神的に強くて初めて体からエネルギーが湧いてくるのだ。

ということで子供に運動をさせることはとても良いことだ。そして出来ることなら持っている才能を十分に開花させてあげたいと思う。今までオリンピック選手などをはじめ、たくさんのスポーツ選手を診てきて思うことがある。しっかりと体調の管理をして練習をしている選手は、能力を開花させることも怪我を予防することも、まったく管理していない選手に比べれば段違いに可能性が高くなるということだ。野球選手の肩一つにしても、私のような専門家が定期的に治療をして肩の疲れを取り除き機能を回復させることでパフォーマンスアップはもちろん、怪我の予防も出来るのだ。選手もそれをはっきり体感できる。何より体の不調を早期治療することほど大切なことはない。怪我まで行かなくても体が重い、張りを感じるなどという予兆を敏感に感じることが出来るようになるのだ。選手の能力を出来る限り引き出し、怪我を予防するにはカイロの治療はもってこいなのだ。

私が行うカイロの治療とは背骨の矯正だけではなく、肩やひじ、手首、そして股関節、ひざ、足首などの治療もする。だからスポーツ傷害にも幅広く対応できるのだ。カイロで四肢の治療をする特徴は、例えばひざが痛むのなら足や骨盤といった隣接する関節のバランスも同時にみながら、ひざへの神経が出ている腰椎まで遡り、神経の流れに沿って治療していくところにある。ひざが痛いといっても、その原因がひざにあるとは限らないのだ。足の歪みなどは、実はひざの痛みの原因の代表選手だ。なんと人口の90%は年齢とともに足が歪んでくるという。また野球選手が肩を壊すときに、なぜそうなったかを探ると頚椎や胸椎の問題が下地にあったり、骨盤の歪みも関与していたりするから興味深い。身体というものはすべてつながって関与し合っている。そのことを無視して、ただ痛みがある場所だけを治療しても十分でない場合が多いのだ。そういった意味では、体のメカニズムや神経の流れを見ながら治療するカイロほどスポーツ傷害に適した医療はないのではないかと私は思っている。

もし、私がプロ野球チームの専属カイロプラクターになれば、絶対そのチームのパフォーマンスはアップすると確信がある。いくらスポーツトレーナーが素晴らしいといっても、背骨の矯正や四肢の矯正治療は出来ない。そういった意味ではカイロプラクターとトレーナーがタッグを組んで選手の管理をすればベストだと思うのだ。実際、野球選手やフットボール選手の多くがカイロプラクティックの治療を受けている。でもチーム専属のカイロプラクターにもっとまめに治療を受ければ、さらに効果が上がるはずなのだ。オークランド・アスレチックスかSFジャイアンツから声がかからないかなと思っているが、まったくその気配すらさえないのは誠に残念なことだ。きっと私がロッカールームに出入りすると仕事そっちのけで選手にサインをねだったり、勝手にグラウンドに出てバッティング練習に参加したりするのではないかと余計な警戒をしているのかもしれない。しかし、私も分別のある大人だ。グッと我慢して選手とキャッチボールするぐらいに抑えておくので、是非オファーが欲しいところだ。

プロ選手だけでなく子供の頃からカイロの治療を受けてスポーツをしている子は、体のケアとパフォーマンスの関係を自然と理解している。試合や練習の前に治療を受けると体の動きが違ってくるのが分かるのだ。もし、自分の子供に一流のスポーツ選手になってほしいのなら、トレーニングだけでなくカイロで体調を管理することも習慣づけると良いだろう。カイロを身近に感じ、その効用を理解していれば大人になってもカイロで体調を管理していくことだろう。たとえスポーツで生計を立てなくても健康な人ほどいい仕事が出来るのだから、カイロの治療を定期的に受けさせるべきなのだ。ここで大きな問題がある。いまだに世間ではカイロは正統な医療ではなく民間療法でカイロの先生はろくな教育を受けていないと勘違いしている方が多いということが一つだ。これは世間のお医者様も同様に勘違いしている方がいまだに多い。若い世代のお医者さんは、カイロのことを比較的よく理解していて、実際に自分でも治療を受けられる方が増えている。日本と違って、アメリカでは長い年月学校に通い、国家試験を何度もパスしなければカイロプラクターになれないのだ。

もう一つのネックは、カイロは痛い、怖いという概念で治療に来られない方が多いということだ。カイロの背骨の矯正の時に関節のガスがボキボキと音を立てて抜けるのが恐怖感を煽るのだろう。殆どの方が音は痛そうだけど、実際には痛くないと言うはずだ。気持ちいいと云う方も多い。もしどうしても怖い方には、その方に合った音のしない治療法もある。無理やり私の治療法を押し付けたりせずに患者さんの意向も聞きながら治療法を選択するのである。だから通常のカイロの治療が怖い方は遠慮なく相談していただき、その方に合った治療を受けられるのだ。

カイロという折角の医療を知らずに損をしている方が、あまりにも多いのは残念なことだ。出来ればすべての方、すべてのアスリートにカイロの治療を受けてほしい。そして、パフォーマンスアップを体感して欲しいのだ。私のクリニックでは月一回キッズデーを開催して、その日は14歳以下の子供たちは無料でカイロの矯正治療を受けることが出来る。より元気に成長するために、ぜひ多くの子供たちに利用して欲しいものだ。まずは、私の息子がもっともっと活躍して、さすがカイロプラクターの子供だと皆さんを納得させなければならない。そのためには星一徹のように心を鬼にして、息子をしごくしかなさそうだ。今晩も親子で夜空の巨人の星を眺めながら素振りをすることにしよう。 


「Dr.岡井の機密情報」

無料フットスキャン月間

三月は岡井クリニックでは、どなたでも無料でフットスキャン検査を受けられます。フットスキャンとはコピー機のように足の型をコンピュータに取り込み、体重の掛かり方のバランスや土踏まずの崩れなどが一目瞭然で分かります。これを元にカスタムメイドの靴の中敷を作り、脚の崩れを矯正することが可能です。Dr.岡井も三十代の終わりから足の歪みを自覚し始めて、靴の中敷をカスタムメイドして随分と歩きやすくなったのです。この機会にあなたの足のバランスをチェックして、ひざや股関節に掛かるストレスを軽減してみてはどうでしょうか?フットスキャン検査希望の方はお気軽に予約のお電話をください。検査時間は5分ほどです。


無料姿勢ワークショップ

岡井クリニックでは、姿勢のワークショップを無料で行っています。このワークショップは非常に人気が高く、姿勢のチェックポイント、正しい姿勢のとりかた、姿勢改善のための簡単な体操の指導が受けられます。クラスの時間は45分ほどです。出来ればペアで参加されるとより有効にクラスを受講できます。姿勢が悪い、姿勢をよくしたいと思っている方は、ぜひ参加ください。お気軽にクラスのスケジュールに関するお問い合わせ、予約のお電話をください。

サンマテオ・クリニック
100 S. Ellsworth Ave.
Ste. 804
San Mateo, CA 94401
Tel: (650) 344-8743

メールでのお問合せ
[email protected]

サンノゼ・クリニック
4323 Moorpark Ave.
Ste. A
San Jose, CA 95129
Tel: (408) 343-3835

メールでのお問合せ
[email protected]

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診