TopMainImage

2008年10月 「骨盤流行」

 最近、日本の雑誌やテレビ番組で骨盤ダイエットなるものが大流行しているらしい。先日、家族で日本のバラエティ番組を見ていると、骨盤体操で痩せるなどというコーナーがあり、家内と一緒にテレビの前で、インストラクターの女性の先生に合わせてグルグルと骨盤体操をやってみた。先月、北海道で飽食の限りを尽くしたせいで、少しお腹回りが気になっていた私にとっては、まさにタイムリーな話題というところだった。「パパ、それ違うよ」と家内に腰の動きを指摘され「オッ、こうか?ヨイショっと!」と思わず掛け声が出てしまうところが情けない。「ハハァー、なるほど、これはインナー・マッスルを使ってコアを鍛えて運動させているんだな。腹筋が弱い女性でも無理なくできるや」と感心していると、家内が「パパ、恥ずかしいから、その動き止めて!」と噴出しそうな顔をしている。「そんなことないだろ、コツが掴めてきたぞ!ホレホレホレ」と腰を回しながら、「これは骨盤の仙腸関節が、引っかかっていると上手くできないな。やっぱりカイロのアジャストメントも必要だな」と調子に乗っていると、娘が「ダディー、こんなの簡単だよ」と腰を凄い勢いでグルグル回している。さすがはダンサーだ。ソファーにだらしなく寝ている息子に「お前もやってみろ」というと「別にいい、腹出てないし」と何事にも投げやりなティーンだ。「フン、ノリが悪い奴だ。」と娘と二人で仲良く骨盤グルグル体操をしている様は、とても人様にお見せすることはできない我が家のお茶の間風景だ。

 私の友人の一人が、日本で姿勢の第一人者のような存在となってきた。早稲田大学で「姿勢と健康」という講義を持っているし、姿勢教育塾という姿勢教育指導師を養成するコースも持っている。彼がこのたび、姿勢に関する本を日本で出版することになった。ゲラがあがって、本のタイトルを決めるときに、出版社からどうにか「骨盤」という言葉をタイトルに含んで欲しいと要望が出た。「骨盤」の二文字が入るだけで売れ行きが全然違うらしい。いかにも日本らしい話だ。流行にパッと飛びつき、すぐに飽きられるのだ。ところが彼は、この流行ものがあまり好きでないらしい。「岡井先生、どうしたらいいでしょうか。私はそのような流行の言葉で人を惑わすようなことはしたくないんです」といつもどおり大変真面目な意見だ。「別にタイトルにこだわらずに、売れてもらって、多くの人に読んでもらったほうがいいんじゃない」と私が言うと「それではそうします!」と即答したのであった。是非、たくさんの人に読んでもらいたい素晴らしい本だ。発売になれば、私もおおいに宣伝してあげたい。

 骨盤ダイエットという言葉に若干抵抗はあるものの、骨盤の上の体幹の深層部の筋肉を鍛えるコア・エクササイズは、ピラティスなどにも多く含まれていて腹部を引き締め、確かに脂肪燃焼率が高いのだ。日本で流行の骨盤矯正ダイエットというものを調べてみると骨盤周りの筋肉を伸ばしてバランスを整え、骨盤の動きを良くさせ、リンパ系マッサージや姿勢指導、エクササイズを組み合わせたもので、実は昔から変わらずあったものだ。要するに売り方を変えただけで、人は流行ると飛びつくということだ。マーケティングの勝利というこであろう。

 骨盤矯正といえば、カイロプラクティックの右に出るものはいないと私は思っている。カイロプラクティックの骨盤矯正は、実際に骨盤の関節を手で直接動かすダイレクトでパワフルなものだ。当然難易度も比べものにならないほど高く、日本で流行っている骨盤矯正とは違う種類のものなのである。骨盤の歪みや、引っ掛かりなどには、カイロプラクティックのアジャストメントの方が効果が高いのは当然のことなのだ。

 私の患者の多くが骨盤の歪みが原因で、腰痛になったり、様々な問題を抱えている。私たちの治療で骨盤矯正は最も基本的なことであり、患者に要望されなくても背骨の土台を整えるという意味で、殆んどの患者に施術する。それによって目的である腰痛などが改善されることはもちろん、骨盤からの神経の流れが活発になり、便秘や下痢が、そして女性の生理痛や生理不順が改善されるということは、患者さんが喜ぶ思わぬ効果の代表的なものだ。便秘が治り、胃腸の活動が活発になるだけでも、実はダイエット効果があるのだ。そして、身体の調子も良くなれば、自然と身体の動きが増えて運動量も増し、カロリーや脂肪燃焼率が上がっていくのだ。

 骨盤といえば、産前産後の女性には特に大切なもので、私のクリニックでは産前から定期的に治療し、不安定な骨盤を整え、出来る限り腰痛なく動きの良い骨盤で出産に臨んでいただく。そして、産後はなるべく早めに、開いたり歪んだ骨盤を整える為に治療に来てもらうのだ。中には出産で骨盤がかなり極端に歪んでしまい、真っ直ぐ歩けない方もいる。このような方には、カイロプラクティックによる骨盤矯正がダントツで一番効果的なのだ。出産のときに母体はリラキシンという特別なホルモンを多く分泌し、骨盤を支える靭帯を柔らかくする作用がある。そのお陰で骨盤が緩んで広がり、胎児が産道を通って生まれてくることが出来る。同時に産後もしばらくは骨盤が緩くて不安定だとも言える。この時に、骨盤をアジャストメントで整えて、コルセットで固定してあげると、とてもスムーズに骨盤が安定して元の形に戻るのだ。コルセットは産後の育児から来る腰痛予防にも非常に効果的で、落ち着いてきたら、子育ての合間にコア・エクササイズをして足腰を強化していくと理想的だろう。

 いくら話題の骨盤矯正ダイエットのサロンに通っても、指導してもらうエクササイズを怠けずにしっかりしないと効果はないと思っていただきたい。やはり、身体は運動をしないと正しく機能しないのだ。内臓もそうだ。そして、筋肉がつかなければ脂肪燃焼もしないし、身体も引き締まらない。小尻などといっても実際は運動によって臀部の筋肉の引き締まり、たるみが解消されているのだ。ただ、雑誌やテレビの特集に踊らされるのではなく、何が効果を上げているのかを正しく見極めないと、とんだ勘違いで、思ったほど効果がなくて不満タラタラということにもなりかねないのだ。

 家内が「お父さんのクリニックでは骨盤ダイエットやってないの?やればいいのに」と自分の興味本位で勝手なことを言っている。「馬鹿者!ウチのクリニックは本格的カイロプラクティックのクリニックだぞ!美容を売りにはしないんだ!」とは言ってみたものの、女性の美に対する欲求は止まることを知らず、痩せることは健康にも良い事を考えれば、私に出来る範囲で、健康の為に、健康的に痩せるお手伝いをするべきだなと反省した。考えてみれば、日本の骨盤ダイエット・サロンでやっていることは、痩身リンパマッサージを時間をかけて行うこと以外は、全部ウチのクリニックでもやっていることなのだ。特に骨盤矯正に関しては全然次元の違う高度なアジャストメントを施しているのだ。

 娘と一緒にグルグル骨盤体操をして、まずはコアを鍛えて自分自身の痩身をしていかなければならない。そして、患者さんの骨盤ダイエット指導も治療に合わせてて行っていこうと思うのだ。私が、北海道でイクラ丼を食べ過ぎて体重を増やしたのは、実は自分を使ってダイエットを実践し、新たなダイエット法を編み出し、皆さんに伝授する為にわざと自分を犠牲にしたのだ。しかし、皆さんに本当に知ってもらいたいのは、骨盤ダイエットではなく、カイロプラクティックの骨盤矯正による身体全体の健康増進なのだ。理由は何であれ、是非カイロプラクティックの骨盤矯正を多くの方に受けて欲しい。そして、健康管理の選択としてカイロの治療を生活の一部にして欲しいと心から願うのだ。

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診