TopMainImage

2008年2月 「免疫力増強」

最近、我が家の愛犬、トイプードルのクッキーが丸々と太ってしまった。犬好きの方ならご存知であると思うが、正式にトイプードルと世間様に呼んでいただくためには規定の体重制限を守っていなければならない。クッキーの腹回りを見ているとどう見ても飼い主同様に規格外に成長している。世間で軽い失笑と共に呼ばれる「なんちゃってトイプードル」になってしまったのだ。昨年新しく家族に加わったメスのトイプードルのモカの子犬用の栄養満点ドッグフードを横取りしていたせいだ。私たちもつい油断して、こんなに成長してしまうとは夢にも思わず見て見ぬ振りをしていた。その上、モカのトイレット・トレーニングのご褒美の犬用スナックをなぜだかモカと並んで関係ないクッキーまで一緒に貰っていたせいもある。

もともとプードルにしては足が短いクッキーは余計にコロコロして見える。自慢のジャンプ力も今ではすっかり影を潜め、ベッドに飛び乗ろうとして失敗してコケ落ちることもしばしばだ。さすがにこれはマズイと思った私はクッキーの散歩時間を増やすことにした。頑張って早起きをして、朝も暗いうちから犬たちを連れて張り切って散歩していた。すると、数日が過ぎた頃から無性に目が痒くなり、鼻の奥底がムズムズと何とも言えぬ掻痒感で満たされ鼻腔の粘膜から透明の液体、すなわち鼻水が分泌され始めた。まさしくこれは花粉症の症状ではないか。最近、花があちこちで咲き始めて綺麗だと思っていたら、それどころの話ではなくなった。ここ数年、大量の水分摂取とビタミンとヨーグルトを毎日欠かさないようにし、定期的にカイロプラクティックのアジャストメントを受けることで花粉症を抑えることに成功していたはずだった。

ところが災難は忘れたころにやってくるというか、油断大敵というか、ここのところさすがに三年間も毎日食べていたヨーグルトにいいかげん飽き飽きしていて、この半年ほどはたまにしか食べていなかった。カイロプラクティックのアジャストメントも忙しさにかまけてここ二週間ほど受けていなかったらこの有様だ。目も痒いし鼻も詰まってきた。慌ててヨーグルトを毎日食べ始め、水を頻繁に飲み、ビタミンを欠かさず摂り、カイロプラクティックのアジャストメントを受けたら次第に楽になってきた。しかし、一度崩れると本調子まで持っていくのには一ヶ月は掛かるだろう。だから、忘れずヨーグルト、水、ビタミン、そしてカイロを欠かさないようにしなければならない。

一般の方にとってカイロプラクティックというと痛みに効くというイメージが強いと思う。しかし、カイロプラクティックは痛みだけに有効なわけではないのだ。カイロプラクティックのアジャストメント治療は背骨を矯正し、その間から出る神経の流れを良くする。人間の身体というものは、すべて神経でコントロールされている。細胞も神経の流れが悪いと機能が低下し免疫作用も低下することになるのだ。カイロプラクティックのアジャストメント治療をすると神経の流れを向上させ、刺激もするので、神経が活発に働くことになる。神経が活発に働けば細胞への刺激も増え、細胞の機能も高まり活発な働きを見せるようになり健康で強い細胞が形成されることになる。強い細胞、活発な神経の流れは免疫力を上げて抵抗力をも高めることになる。素晴らしい話ではないか。

カイロプラクティックのアジャストメントは神経に良い作用をするだけでなく、その刺激によって体内のエンドルフィンというホルモンの分泌を盛んにさせる。エンドルフィンというのは別名脳内モルヒネとも呼ばれ、鎮痛効果や多幸感をもたらすホルモンである。エンドルフィンはモルヒネの6.5倍の鎮痛作用があるといわれる。体内から分泌されるのでモルヒネより安全なことは間違いない。痛みを緩和し、その上幸せな気分にさせてくれるのだ。ランナーズハイというマラソンランナーなどが感じる高揚感もこのエンドルフィンの分泌によるものだ。カイロプラクティックの治療を受けたあと眠くなったり、身体が重だるくなるのもエンドルフィンの副作用ということだ。それだけ、カイロプラクティックのアジャストメントはエンドルフィンの分泌を促進させることが出来るということなのだ。もちろんエンドルフィンの分泌量には個人差がかなりあるので、誰もが同じように分泌するとは限らない。

水の効果というものは絶大だ。水分が足りずに脱水状態になれば高熱を発したり、様々な問題が出てくるし、最悪死に至る。人間の身体の70-80パーセントは水分だと言われる。その体内の水分が汚れきったものとキレイなものとではどちらがいいだろう。血液は体中に酸素を運ぶ大切な仕事をしているが、その血液内に老廃物がたくさん混じっていたらどうなるだろう。キレイな水を体内に豊富に取り入れ、汚れた水分を体外に排出することが頻繁に行われれば身体の中がキレイになるのだ。ゴミを体内に大切にためておいて良いことは何もない。ゴミはやがて毒素へと変わり、体内に悪影響を与える。排尿の頻度が低い人は尿が濃い。水分補給を頻繁に行うとトイレに行く回数は増すが、尿は透明感がある。水を飲みなさいというと水毒症を心配する方がいるが、それを心配するより脱水症状を心配したほうが現実的だ。水は一気に大量飲むのではなく、少しずつ頻繁に飲むようにして、排尿を絶対我慢しないようにすることが基本だ。そうすれば水毒症の心配などない。もう一つ耳寄りな情報だが、脱水症状の一つは空腹感ということだ。ということはお腹がすいたと思うときに実はそれは水分が足りていなくて、水を飲むと空腹感もおさまるかもしれないということだ。今まで脱水症状を空腹と勘違いして食べ過ぎていた人もいるかもしれない。もしお腹がすいたら、まず水をグラス一杯飲んでみることをお奨めする。余計なスナックを食べなくて済むかもしれない。

ヨーグルトには整腸作用というものがある。体調を整えるためには、まず身体の中から整えるべきだ。胃腸が調子よく働かずして健康はありえないからだ。日本人は胃の病気が異常に多い人種だ。ガンの中でも日本ではダントツという感じの胃ガンも欧米ではあまり聞かない。ストレスが多い社会も原因の一つだろうが、食生活も原因の一つだ。ヨーグルトを毎日食べて身体の中をキレイにするのは健康のためには非常に大切なことだ。

食事から必要なビタミンをバランスよく充分に摂取することは理想だが至難の業だ。サプリメントを使うことで簡単にビタミンを摂取できる。ビタミンCは抗ヒスタミン効果があるだけでなく免疫効果も高い。血をキレイにし、ストレス抑制にも効果的とくればビタミンCを飲まなきゃ損という感じだ。

カイロプラクティックで免疫力を増強し、是非ともこの春は快適に過ごしていただきたいものだ。水、ヨーグルト、ビタミンCはいずれも手軽に摂取できるのものだから是非皆さんにも試していただきたい。我が家の愛犬クッキーも脱水症状を空腹と勘違いして食べている恐れがあるので水をたくさん飲ませてダイエットさせたほうがいいのかもしれない。それにしても水を一日3リットル近く飲むのに食欲旺盛な私は一体なんなのだろうか。是非、一人でも多くの人がカイロプラクティックでアレルギーや風邪にならないように普段から健康管理をしてくれるようになることを願っている。

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診