TopMainImage

2007年 3月 「もっと気軽にカイロプラクティック」

さてさて、最近はどこもかしこもお花が咲き乱れ、花粉症でお悩みの方も多いことだろう。鼻の中がムズムズ、ムズムズ。ついつい指が鼻の穴のほうへ伸びてカリカリと掻いてしまう。「決して鼻糞をほじくっているんじゃないぞ」と言いたいが、誰がどう見ても鼻糞をほじくっているとしか見えないところが悲しい。掻いても、掻いても数十秒もすればまたムズムズ、ムズムズとなんともいまいましいあの掻痒感が襲ってくる。公衆の面前でそう何度も鼻の穴に指を突っ込むわけにもいかず必死に堪えるが、すぐに限界は訪れ、「もうどうにでもなれ、どう思われようが構わない」と捨て鉢な気持ちになり、思い切り鼻の穴に指を突っ込みグリグリとかきむしる。「あ~、なんという快感だろう」と恍惚感に浸っているとある人の視線を感じたりする。かゆみが一時的に収まり我を取り戻したあとは羞恥心がよみがえる。ふっと視線を感じるその先を見ると相手もサッと目をそらす。これは、見てはいけないものを見てしまったときの人間の習性だ。このようにして「鼻くそほじくり男」、又は「女」のレッテルを貼られて惨めな人生をお過ごしの方も結構いるのではないかと私は想像しているのである。いらぬ誤解を招くといけないのではっきり言っておくが、これは決して、私自身のことを言っているのではない。私の知人の話なのだ、信じてほしい。

実はそういう私も成人したころから花粉症が出始め、数年前までは年中鼻がグスグスいっていた。ところが、毎日欠かさず総合ビタミン、カスピ海ヨーグルト、十分な水の摂取、そして定期的なカイロプラクティックの治療を受けることをしっかり実行し始めたら、数週間後から徐々に鼻水の分泌量が減少し始め、あるとき気づくと鼻をグスグスしていない自分がそこにいたのだった。ビタミンCには抗ヒスタミン効果があり、花粉症に効果があるし、免疫を上げる一つの方法として、消化器系を健康にして働きを活発にすることが有効なのでヨーグルトを毎日食べるようにした。あとは何といっても体はほとんど水分でできているのだから、その体内水分が停滞して汚れているより、常にフレッシュな水分に変えていたほうがいいだろう。細胞をイメージしていただきたい。細胞の中の水分が汚れて濁っているのと、フレッシュな水で満たされているはどちらが健康的だろう?考えるまでもないだろう。水は人間の命の源のようなもので、水分が不足すると細胞の免疫力は低下して疲れを感じたり、病気になりやすい免疫力の低い体質になってしまう。きれいな水を十分摂取することは健康生活に不可欠なことなのだ。

そして、大切なのはカイロプラクティック治療だ。人間の体は全て、そう全て神経でコントロールされている。カイロプラクティックの目的は、人間の体内の神経の流れを良くすることにある。細胞レベルでみてみても、神経の伝達が低いと細胞の機能が低下して元気がない状態になり、免疫力も当然低下し病気などになりやすい不健康な状態になる。カイロプラクティックは、今から100年以上も前にアメリカのアイオワ州でドクター・パーマーによって見出されたアメリカの医療だが、最初は内臓疾患などを主に診る医療であった。内臓の全てもやはり神経でコントロールされており、背骨のズレによって内臓をコントロールする神経の流れが悪くなっていることで様々な疾患が起こるということである。そして、いつの頃からからかより頻繁に見られる腰痛や頭痛などの痛みを対象とした診療へと主流が移行していったのであった。

しかし、カイロプラクティックの起源は痛みを治療するためのものではなく、神経の流れを良くして体自身の機能を活発にして健康になってもらおうというところから始まっているのだ。そして、この背骨のズレによって起こる神経への圧迫は小さなものが多く、急に症状として現れるより、徐々に体を蝕んでいくことのほうが多いのだ。殆どの方の体に見つかるこの背骨のズレ、カイロプラクティックではサブラクセイションと呼ぶが、これを治療できるのは世の中広しといえどもカイロプラクターだけなのだ。もし、サブラクセイションに気づかずに、カイロの治療も知らない人は、どうして自分は体調が悪いんだろうと様々な問題を抱えて理由もわからず苦しんで暮らすことになるだろう。だけど、カイロプラクティックの考え方を理解して普段から当たり前のようにカイロで体調管理をしていれば、サブラクセイションがどれだけ人間の健康に悪影響を及ぼすかよく理解できるはずだ。私に言わせればカイロプラクティックは人間にとって一番身近な医療であって、誰もが当たり前に健康管理に利用すべきものなのだ。もっと気軽に健康管理のために利用するべきであって、痛みが酷いときだけに利用するのは勿体ないことなのだ。

サブラクセイションという背骨のズレを治療するアジャストメントというカイロプラクティック独特の手技療法は実は大変会得が難しいものだ。カイロプラクティックの大学を卒業してドクターになる段階でも、満足にできるのは卒業生の20%以下ほどだろう。それ以外の人は、この道を諦めたり、誰か先生の下で修行したり、諦めて道具を使って治療をすることになる。カイロプラクティックほど先生の技量の差にばらつきがある医療は珍しい。カイロプラクターとして優劣を決める大きな要素がこのアジャストメントという手技療法の腕前なのだ。だから、岡井クリニックではこのアジャストメントに非常にこだわりを持って日々技の研鑽に励んでいるのだ。実はベイエリアの皆さんにはあまり言っていないが、私は日本の業界ではテクニック・ブックやDVDを出している最も有名で人気があるカイロプラクターの一人なのだ。と自分で言ってしまうところが本当に厚かましいが。でも、嘘のようだが本当の話だ。いつもこのコラムで権威のかけらもない話を書いているので自分でも信じがたいところだが、はっきり言って日本で岡井クリニックで受けるような質のアジャストメントを受けることは不可能に近いのだ。だから、是非一流のカイロプラクターによるアジャストメントで気軽に健康管理をして、カイロプラクティックを身近なものとして利用していただきたいと切に願うのだ。

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診