TopMainImage

Weekly J 2014年4月号『アゴがガクガク(顎顎)』

 Weekly Jの読者の皆様お元気ですか?『カイロといえばドクター岡井!』と皆さんに言っていただけるように日々精進のドクター岡井です。四月ですね~。日本だと桜前線が北上していくニュースが華やいだ気分にさせてくれる季節ですよね。アメリカではタックスリターンの時期です。私は三月に早々と済ませたので余裕でした。でも、なんでこんなに税金を払わなきゃいけないんだと毎年この時期には苦虫を噛み潰したような顔になっている方も多いのではないでしょうか。なんにせよ歯を食いしばるというのはあまり体には良くないようです。歯を食いしばる行為はストレスの現れですから体も反応して脳からストレスホルモンを分泌しています。

 自分では気づかないうちに食いしばってしまう食いしばり癖や寝ている間の歯ぎしりはなかなか直すことのできないものです。ストレスがあるときにこの癖は増長されるそうです。アゴの関節は非常にセンシティブで大切なものです。傷めたことのある方なら分かると思いますが、治りにくいのも悩ましいところです。アゴに問題のある方はかみしめすぎで歯がすり減っていたり、アゴが痛くて開きにくいとかカクカク音がするという症状以外にも、頭痛やめまい、自律神経失調症なども引き起こします。美容面でもアゴ曲がって顔が歪んだようになってしまいますし、アゴの筋肉が張って顔が大きく見えてしまいます。アゴは食べるにも喋るにも大切な関節です。顎関節症でお悩みの方は本当に多くて、私のクリニックでも大勢の方が治療を受けています。

 顎関節とは耳の穴のすぐ前に位置しますので少しでも音がすれば耳障りなものです。そして、このアゴの骨は頭がい骨からぶら下がるような関節でつながっていますので、頭の位置や首の角度に問題の根底があると言えると思います。試しに顔を上を向けた状態と下を向けた状態で口を開けてみて、アゴの動きを比べてみると違いは明白です。大声を出したり大笑いをするときは自然と上を向くものです。その方が口が開けやすいからです。子供がご飯を食べさせてもらう時だってアーンと口を上に向けて開けます。逆に笑いをかみ殺すときは下を向いて口を閉じます。正常なバイオメカニックスではアゴは顔が下を向けば向くほど動きにくいのです。

 私たちの生活を検証してみると一日の大半を下を向いて手作業という状態で過ごしているのが分かります。当然姿勢も悪くなり、首の骨も前傾してしまっています。これはアゴの関節にとって非常にストレスがかかる状態です。そのまま食べたりしゃべったりを繰り返していれば、やがてアゴの関節が悪くなるのは当たり前ということになります。アゴに問題のある方の首のレントゲンを見てみると、ほとんど100%のケースにおいて軽く反っているべき首の骨がストレートになっていたり逆に前傾にカーブしているのが分かります。首が悪い方は首の治療や姿勢の改善も同時に行いながらアゴの治療をする必要があるといえるでしょう。

 私は今まで実に多くの顎関節症の患者さんを治療してきました。顎関節の症状は本当に多様性があり、原因不明であらゆる高額の検査をしたけど原因がわからず、色々な医者をたらいまわしにされた末に藁をもすがる気持ちで私のところに来る患者さんがいます。私の経験からピンとくるものがあり顎関節を調べると明らかに問題があるというケースが何度かありました。顎関節は非常にセンシティブな部位なので経験がないドクターが無理な治療をすると大変なことになります。顎関節を適切に治療すると急性の場合は特に明らかな改善が見られます。今までどこに行っても治らなかったのに治りましたという言葉よく聞きますが、私に言わせれば経験さえあれば気づく範囲の問題なのです。

ところであのアゴから聞こえるパキンパキンという音は何の音かと申しますと、顎関節内にある小さなディスクが滑る音なのです。このディスクはいったん滑り始めると不安定な状態となり、元には戻らい場合が多いのです。ですから、いったん滑り始めたらずっとアゴがパキンパキンと鳴るようになる可能性が高くなります。ディスクを支える筋肉が硬くなればなるほどこのすべりが激しくなり大きな音が頻繁にします。更に硬くなりすぎると口を無理に大きく開けるときバキン!と大きな音がして関節に激痛が走り口を開けられなくなってしまいます。よく、アゴが外れたという表現をしますが、どちらかと言うとアゴが引っかかっているよな状態です。ディスクが関節でロックしてしまっているのです。このような状態になるとディスクが動き始めた後も関節は捻挫のような状態を起こしたわけですから、しばらくは痛みが残り口を開くのが辛くなります。ここで早めに治療しておかないとアゴ更にはどんどん固くなっていくこともあるのです。とにかく顎関節に異常を感じたらひどくなる前に早めにご相談ください。アゴがガクガクした状態では食事もおしゃべりも楽しめませんし、多様な症状に苦しむことになりますからね。必ずや皆さんのお役に立てると思います。

サンマテオ・クリニック
100 S. Ellsworth Ave.
Ste. 804
San Mateo, CA 94401
Tel: (650) 344-8743

メールでのお問合せ
[email protected]

サンノゼ・クリニック
4323 Moorpark Ave.
Ste. A
San Jose, CA 95129
Tel: (408) 343-3835

メールでのお問合せ
[email protected]

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診