TopMainImage

Weekly J 2014年3月号「強肩再生」

 Weekly Jの読者の皆様、『カイロといえばドクター岡井』と言っていただけるように日々精進のドクター岡井です。三月に入り野球ファンにとってはシーズン開幕が迫り、ワクワクソワソワする時期ですね。実は私も大の野球ファンです。アメリカではもちろんSFジャイアンツ、そして日本では地元ソフトバンク・ホークスのファンです。両チームとも残念ながら昨シーズンは振るいませんでしたが、今年こそは間違いなく優勝です。私も勝利の美酒に酔いしれる日を夢見て、たとえテレビやインターネット中継でもユニホームを着て精一杯応援したいと思います。

 野球にとって一番の要はやはりピッチャーです。投手陣が良いチームは安定しているし、プレーオフなどの大切なここ一番という試合では断然有利になってきます。今シーズンのジャイアンツの投手陣の調子も気になるところですし、ダルビッシュやマー君の調子も気になります。ピッチャーにとって大切なのはもちろん肩です。しかし、プロ野球でも素晴らしい逸材が肩を壊してやむなく引退なんてこともよく聞きますね。そんな悲しいニュースを聞くたびに早くに私が治療をしていればと歯痒い気持ちになってしまうのです。

 カイロというと、腰痛や首の痛み、頭痛やムチ打ち症の治療というイメージが強いでしょうが、実は私のクリニックで意外と多いのが肩の患者さんです。野球やテニスなどのスポーツ傷害や四十肩、五十肩と呼ばれる誰もが苦しむ可能性がある問題まで肩の治療にみえる患者さんが本当に多いのです。これは肩の治療に来た患者さんが、同じような問題に苦しむ方を紹介してくださるという理由ですが、私はなぜか肩の治療に縁があるようです。身近な症例で言うとベイエイリアの草野球大会で肩が痛くて半年以上満足にピッチングできなかった方が大会で優勝投手になるまでに回復しましたし、テニス選手も肩の不調でサーブが上手くいかなくなったのがいきなり治療で絶好調になって試合に勝てたということも何度もありました。

 私の元には野球やテニスの試合前に調整に来る患者さんが何人もいます。私から言わせれば逆にそういったスポーツ選手が私のところで肩の調整をしないのはもったいないことだと思っています。ピッチングやサーブの動きは肩の動きのメカニズムにとって非常に無理のある動きです。ですからやりすぎれば傷めて当然ともいえる部位なのです。なるべく肩に無理のないフォーム作りはもちろん、プレー後の管理の徹底や過剰な投球数やサーブ数を避けることも大切です。しかし、どんなに気をつけていてもやはり肩には疲労が蓄積してくるものです。ですから私の治療が必要なのです。

 肩というものは人間の体の関節で唯一360度きれいに回転することができるものです。昔のホラー映画で首が360度回転する人もいましたがそれは映画の世界です。肩が最も動きが大きい関節だということは、裏を返せば不安定で複雑な関節だということです。複雑に色々な角度から筋肉が付いて肩の回転運動を可能にしています。肩が上手く回るためには首や肩甲骨、鎖骨の動きもとても大切ですから、それらを動かす筋肉も視野に入れなければいけません。そして肩から腕の筋肉をコントロールしてるのは首から出ている神経です。肩の治療に首の治療は必要不可欠だということです。実は肩の問題の根底には首の問題がある場合が殆どです。首の問題があったからこそ肩に影響を及ぼし、肩のメカニズムが狂わされて傷めることになるのです。

 四十肩や五十肩も原因の殆どが首です。首が悪いから肩がこる。肩がこるから肩の関節の動きがおかしくなり、少しずつ組織が炎症を起こし始め、ある日肩が動かないまでに悪化することになります。私は実に多くの肩を治療していますが、できれば肩が痛くても腕が上がる間に治療に来て欲しいと思います。グズグズして肩が痛くて腕が上がらない状態まで待つと治療と回復にかなり時間が掛かります。早めに来れば苦しみも少なくて済みますので、肩が動きにくいなとか、腕を後ろに回しにくいなと感じたら躊躇せず私にご相談ください。早めに私に任せていただければ、きっと早期回復させてみせます。

 稀に四十肩だと思っていたら、肩の筋肉や腱が切れていたなんてこともあります。四十肩との違いは、自分で腕を上げることはできないが、誰かに上げてもらうと何の問題もなくスッと上がるということです。これは外科的処置が必要になる場合もありますが、私が診れば四十肩かそうでないか直ぐに分かると思います。いずれにしても早めの診断が大切になってきます。肩は放置しておいたら悪化するという事をくれぐれも忘れず、そのうちに治るだろうと間違った期待をして治療を遅れさせないことが肝心です。スポーツ傷害にしろ四十肩にしろ私が再生のお手伝いを出来ると思います。肩が痛くて眠れない夜が来ないように早めにご相談くださいね。

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診