TopMainImage

ベイスポ2013年10月号「健康の選択」

 いよいよ10月に入りましたね~。ベイエリアの皆さんお元気ですか?「すべての方にせぼね検診」を目指す炎のカイロプラクター、ドクター岡井です。10月になると急に秋の気配が漂ってきます。街は既にハロウィンのデコレーションで賑わいをみせています。日照時間も日に日に短くなり、秋の夜長を感じ始めますね。なぜか私はこの時期の気配というか雰囲気がとても好きなのです。アメリカに来て最初に住んでいたボストンの秋の印象がとても鮮やかで素敵だったせいかもしれません。

 さて、先月は私のクリニックの感謝デーなるイベントをさせていただきました。私がベイエリアで開業して早くも18年が過ぎました。本当にコミュニティーの皆さんに可愛がっていただいたお陰でここまでくることができたのだと思います。今回の感謝デーは張り切ってポスターを作りました。私の要望に応えてスタッフが一生懸命力作を仕上げてくれたのです。日本で今年一番興行成績がいい映画、ジブリの『風立ちぬ』のポスターのパロディーを作ってもらい、我ながら実に良い出来だと思っていました。実際にジブリファンの患者さんたちは一目見るなり「アッ、これ『風立ちぬ』だ!」と気付いてくれました。ところが悲しいかなアメリカ在住の皆さんは『風立ちぬ』の話題はネットなどで目にしていても街でポスターを目にすることがないので、このパロディー版に気付いてくれない方も多かったのです。

 このポスターを見て「ああ、これ寅さんですね~?」と言われる方が予想以上に多かったのです。最初に言われた時には「いやだなぁ~、冗談でしょ?これ今日本で一番人気がある映画なんですよ。ジブリ、ジブリ、分かります?」というと「そうなんですかぁ、てっきり寅さんかと思いました~」とあくまで寅さんと思いたいようです。確かに私の顔は『風立ちぬ』の主人公、堀越二郎よりも寅さん似かもしれません。数人の方に寅さんと思われてからは私もやや諦め気分で、ポスターが分からない方には「いや、みなさん私の顔を見て寅さんを連想されるのですが、これジブリの『風立ちぬ』のポスターのパロディーなんですよ」と先手を打って解説をしていました。せっかくの素晴らしいポスターの出来も私の顔のせいで寅さんになってしまい少し残念な気もしましたが、効果は抜群でたくさんの方に感謝デーに来ていただけました。

 ポスターを作って嬉しかったことは、ベイスポ編集部の方が気に入ってくださり、ポスターの直しをしてくださったり、ベイスポ掲載の際にカラーページになるようにアレンジしてくれたりと親切にしてくださったことや、患者さんたちが喜んでポスターを知り合いのお店や日本人の集まる場所に貼ってもらえるように奔走してくださったことです。そのお陰もあって感謝デー当日は多くの方に来ていただくことができたのでしょう。『変えねば!カイロで人生を』と銘打った感謝デーをきっかけに多くの方がカイロで体のケアをすることの意義を実感していただき、これからの人生の健康管理の軸にしていただきたいということが願いです。しかし、まだまだ自分の体の不調を甘く見ているのか、早期にケアをする人はあまり多くありません。

 体の問題は放っておけばそのうち治るだろうという考えではどんどん傷んでいきます。症状が一時的に改善されても根本的な問題は消えてなくなるわけではありません。負担が掛かればまた問題は顔を出します。ところが痛くて痛くてどうしようもなくなるまで本気でケアしようとしない人が圧倒的で、早期治療をしたほうがいいと勧めても忙しさや経済的理由などで自分の健康管理を後回しにしてしまう方が本当に多いのです。辛いなら早く治療に来てくださいと言っても「まだどうにか大丈夫ですから、また本当に辛くなったらお世話になります」と言われたりします。なぜ、問題があるのが分かっているのに本当に辛くなるまで放っておくのか分かりません。そこまで進行してしまうと治療も大変になってきます。中にはカイロの治療が怖い方もいるでしょうが、カイロの治療は痛いより気持ちいいと思いますし、体が楽になります。カイロが万能だと言う気はないですが、カイロプラクターになって二十数年、きっとみなさんが想像するよりずっと多くの種類の体の不調を改善するお手伝いをしてきました。クリニックへ来る人の多くが「もっと早く来ればよかった」と言われます。その都度、まだまだコミュニティーの皆さんにカイロによる健康管理の意義や早期治療の大切さを伝えて切れていないと、自分の力不足を反省します。

 本当ならば首に縄をくくりつけてでもクリニックに引っ張ってきて治療したいところですが、実際問題としてそのようなことは不可能ですし、あくまでもご本人の選択に任せるしかないのです。早期治療なら回復も早く苦しみも少ないのになぜだろうと悔しく思うことが多いのです。でも人間なんてそんなものです。私だって色々な大切なことややらなければいけないことをついつい面倒くさがったり、忙しさから後回しにして後で後悔することがあります。問題が大きくなるとリカバーが大変になるのが分かっているくせにそうなのです。それでも体のこととなると後で後悔してもなかなか取り戻すことが出来ないことが多いので要注意です。健康の選択はのちの人生に大きな差をもたらすからです。

 先日、日本でカイロプラクターたちを教育するためのセミナーを開きました。その中で私は日本人の平均寿命について話しました。なんと日本人の平均寿命が過去50年で女性が70.19から86.39歳へ16.2歳伸び、男性は65.32から79.64歳へ14.32歳伸びたそうです。これは嬉しいような話ですが、実はいいことばかりではないのが現実のようです。それだけ長く生きるということは経済力もなければいけません。多くの方が子供たちの援助を必要とするそうです。また、仕事をしなければ十分な収入を得られないシニアも多いそうです。長生きしても毎日病院通いで飲むのが苦痛になるほどたくさんの薬を服用していて、元気とは程遠い健康状態の方も多いといいます。そして、シニアが最も望むことはお金ではなく健康だそうです。長く生きても健康でなければ人生楽しめないのです。老後の健康は若いうちから努力して準備しなければなりません。そこで、これからの時代にこそカイロで健康管理をする習慣を若いうちに作ることの大切さを知ってほしいのです。

 腰痛を繰り返していれば、椎間板は徐々に乾いて摩耗して無くなってしまいます。背骨の変形が進み狭窄症に苦しみ坐骨神経症や下肢に力が入らなくなる可能性も上がります。首にしても同じです。肩こりや頭痛は首に問題ありのサインです。腕に痛みやシビレがあればかなり要注意段階です。暢気に構えている場合ではないのです。若い内からまめに体のケアをしていればどれだけ老後の手術や大きな健康問題を回避できることか。運動をしていれば大丈夫と勘違いしている方もいます。あまりに体に負担が大きい運動をしていれば体に良いレベルを通り越して体を傷めることになります。運動をしていても体のケアは大切なのです。

 皆さんの健康は皆さんの選択にかかっているといっても過言でありません。遺伝性、先天性などの問題もありますが、多くの問題は皆さんの生活習慣から来ています。これからどんどん伸びるであろう私たちの人生、どう生きるかは各自の選択次第です。でも、「知らなかった」「こんなことならもっと若い内から体のケアをしていればよかった」と後悔する方を少しでも減らすのが私の使命だと思っています。ベイエリア開業から18年、ドクター岡井の覚悟!とポスターに書き込んだのもその想いからです。まだまだ、私も自分の知識や技術の探求をして、少しでも皆さんのお役に立てるようにレベルアップしていかなければなりません。想いはなかなか伝わらぬものとは言いますが、これからも諦めず皆さんにメッセージを伝え続けていきます。一人でも多くの方の心に響くように。そして、一人でも多くの方が健康に元気に溌剌と長い人生を楽しめるようにお役に立ちたいと思っています。

サンマテオ・クリニック
100 S. Ellsworth Ave.
Ste. 804
San Mateo, CA 94401
Tel: (650) 344-8743

メールでのお問合せ
[email protected]

サンノゼ・クリニック
4323 Moorpark Ave.
Ste. A
San Jose, CA 95129
Tel: (408) 343-3835

メールでのお問合せ
[email protected]

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診