TopMainImage

ベイスポ2013年5月号「今年もやっぱり箱根祭り!」

爽やかな青空が広がる五月、ベイエリアの皆さんいかがお過ごしですか?「全ての方にせぼね検診」を目指す炎のカイロプラクター、ドクター岡井です。ここのところ良いのはお天気ばかりでなく、日米ともに株価が上がり円安も進んで何となく世の中の景気が回復しているように感じます。数字というものの力は偉大で、株価や円の数字で見事なまでに人の気分や消費意欲に変化が見られます。私も4月から息子を日本の大学に通わせている都合上、今までにもまして円安の進行を懇願しています。一ドル20円違うとえらい違いなのです。日本の貿易黒字も増すし、是非もう少しだけ円安が進んで欲しいものだと願っています。

円とドルの交換レートはアメリカで暮らす日本人にとってはいつの時代も大きな問題です。私が留学のため渡米した遥か昔、30年ほど前は一ドル260円ぐらいだったと思います。ゲゲッ!と驚く若い方もいるかもしれませんが、それでも一ドル360円固定の時代に比べれば100円も安くなったわけですから、それはそれは大きな差でした。更に一年後には170円ほどに円高は急速に進み、また更にその数年後は100円近くまで円高が進み親の私への仕送りも随分と楽になった記憶があります。それでも私の親が仕送りしてくれる額は当然ドル建てだったので私の生活レベルはまったく楽にはなりませんでした。しかし、アメリカに留学させてもらえるだけでも幸運なことで、親に心から感謝し日本食レストランのキッチンで油まみれになりながら天麩羅を揚げてバイトに精を出していました。そんな私や親にとって更に更にラッキーだったことはちょうどバブル景気が到来して誰でも投資で儲かる有難い、いや異常な時代になったことです。まさに私はバブル景気に後押しされて大学を卒業することが出来たのです。

あらためてここで私の生まれを辿ってみると、私は東京オリンピックで日本中が浮かれていた年に生まれ、母の膝の上でようやく我が家に来た白黒テレビでオリンピックを観ていたのです。もちろんその記憶はありませんが、私が育った時代は経済成長率が年10%などという恐ろしいほどの急速成長期の真っ只中で日に日に日本人の生活が豊かになっていくのを目の当たりにしていたのです。それでもってとどめに成人してから社会に出るときに空前のバブル景気にぶつかります。誰もが入社内定を4つも5つももらって会社も新入社員を接待した時代です。私の同級生たちもみんな当たり前のように優良企業に入ったものでした。一方その頃の私はというと長い長いアメリカ大学生活でもっぱら質素倹約で暮らしていました。風のうわさに聞くマハラジャのお立ち台で乱舞狂乱する若い女性やブランド物のスーツなどとはまったく縁のない地味~な生活をしていました。とはいうものの年に一度は日本へ帰ることも許されましたし、時折知人に頼まれて日本からの出張者の通訳兼のお世話をすれば、割が良すぎるバイト代を頂き、高価な食事をご馳走してもらい旨い酒を飲ませてもらっていました。アメリカの不動産を買い占めるほど日本は金持ちなんだなと感心していたのです。

その後日本でバブルが弾けた時でも、アメリカでの日本企業の調子は悪くなかったようでした。私が大学を卒業する頃はまだアメリカの医療業界も医療保険の支払いの恩恵か極めて良い時期で景気が良かったのは大学出たての私にとってはかなり幸運なことでした。やがて私が独立開業する頃にはアメリカの医療保険には既にかげりが出始めていたものの、今度はシリコンバレーのバブル景気が一気に炸裂しました。家の値段はうなぎのぼり、フリーウェイにはベンツなどの高級車がカローラやシビックの台数を凌駕する勢いで増えました。日本の景気は低迷してもシリコンバレーだけは別だなとまたもや感心していました。私が何をしたというわけではないのですが、私の世代は好景気に押されながら人生を歩んできたので、一般的に楽観的、ポジティブ、そしてイベント好きなのです。そして、祭りと名のつくものが大好きで血が騒いでしまうのでしょう。

そんな私が「箱根祭り」に出会えたのもやはり縁です。初めてサラトガにある箱根ガーデンを訪れたとき、シリコンバレーにこんな素敵な日本庭園があるなんてとまたしても感心してしまいました。シリコンバレーの奥座敷という感じで静かに佇むその庭園は訪れる人々を癒し、喧騒から離れた素敵な時間を提供してくれます。しかし、これだけの庭園を維持運営するにはやはり相当な予算が必要になります。その予算が十分でないのを地元のボランティアの皆さんの懸命な努力で支えていましたが、やはり限界が来ました。そこで日系企業をはじめ日本人のボランティアの方々の奔走により、各種イベントが活発に行われるようになり、やがて「箱根祭り」というものが企画開催されてファンドレイジングの一翼をになうようになりました。素晴らしいことです。なかなかできることではありません。私も微力ながら箱根祭りの当日だけお手伝いをさせていただいています。普段から一生懸命ボランティアサポートをされている方に比べると本当に微力なのですが、それでも気づけばもう十年ほど箱根祭りのボランティアをしていることになります。

箱根祭りでは太鼓や津軽三味線、尺八、琴といった日本の伝統邦楽のパフォーマンスに食べ物やゲームの出店、サイレントオークションに、華道、茶道の体験などその他にも色々と楽しめるイベントです。お酒のテイスティングも毎年人気です。私は個人的には焼き鳥とラーメンがお気に入りです。運転があるので酒のテイスティング出来ないのがとても残念です。家族で楽しめる素晴らしいイベントですので気軽に多くの方に来場していただきたいと思います。私はそこで一体何をやっているかというと、毎年クイックマッサージと骨粗しょう症のための骨密度スクリーニング検査をしています。肩こりや頭痛、腰痛など身体の不調でお悩みの方や慢性疲労の方など誰でもお気軽に来てください。私がマッサージをしながらあらゆる健康相談にも応じます。私のクリニックに行きたい行きたいと思いながらなかなか腰が上がらない方はまずそこで私に会うというのもいいかもしれませんね。気持ちを込めて一生懸命やらせていただきます。きっとご満足いただけると思います。骨密度の検査は三十歳以上の女性は是非受けたほうがいいと思います。まだ一回も検査をしたことがない方には特にお薦めです。手を使った簡単なスクリーニングテストですので数十秒しかかかりませんし、痛みなどの心配のない検査なのでお気軽にどうぞ。

年に一度の「箱根まつり」、素晴らしい日本文化をこの地に伝えるためにも皆で協力して盛り上げていきたいですね。来場する方々が一人でも同じ気持ちを共有してくださることを期待しています。やはり何事も少人数では難しいです。多くの方が少しずつ貢献してくれればそれは驚くほど大きな力となるものですよね。この箱根ガーデンの素晴らしい施設はウエディングレセプションや会議などにも使えます。会社の会議室より、美しい箱根ガーデンでケータリングでもして会議をすれば商談もスムーズに進むのではないでしょうか。「なんだ、今月のカイロの道は!いつも楽しみにしている大変ためになる有難いカイロの話がないじゃないか?」と酷くがっかりされて落ち込んでいる方もいるかもしれませんね。いいんです、たまには。いつもお世話になっているベイエリアの皆様の為に箱根祭りで精一杯頑張りたいと思います。皆さんにお会いするのを楽しみにしています。五月は今年もやっぱり箱根祭りです!

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診