TopMainImage

ベイスポ2012年12月号『ミラクルな季節』

 ベイエリアの皆さん、お元気ですか? 『全ての方にせぼね検診』を目指す炎のカイロプラクター、ドクター岡井です。いよいよ師走ということでベイエリアも本格的な雨季に入って雨の日が増えてきましたね。スキーやスノーボードを楽しむ方は、山に雪が降ってくれるのは大歓迎でしょう。雨の日も「山には自分のために雪が積もってくれているんだ」と思えば文句もないかもしれません。スキーをしない私は好きなゴルフが出来ないので雨はあまり歓迎は出来ませんが、かといって水不足も困りますので「仕方がないな」と思って雨空を見上げています。ただ、雨が降ると交通渋滞に拍車が掛かるのはいただけません。クリスマスの買い物ラッシュもあって混雑は予想以上です。交通事故も軒並み増加で、私のクリニックでも交通事故の患者さんが増える時期です。避けられない追突事故もありますが、皆さんには十分気をつけて運転していただきたいです。
 

 サンクスギビングが終わると、それを待っていたかのようにアメリカ国民の購買意欲に火がつき、メラメラと星飛雄馬のごとく瞳が燃えた買い物客がショッピングモールに押し寄せることになります。まずはパーキングのスポットを奪い合い。まさに戦いの幕がここに切って落とされたという感じでしょうか。買い物が苦手な私は既に及び腰で、自分のような素人がこんな危険な時期にのこのこと買い物に出て行くと百戦錬磨のおばちゃんたちに蹴散らされてしまうのがオチです。クリスマスまでは喧騒に包まれ買い物客の戦場となるショッピングモールは避けて、通い慣れた雨でも練習できる屋根付きのゴルフ練習場に行っておとなしく地道に汗を流すことにします。

 クリスマスといえばクリスマスのデコレーションやカード書きといった作業も待っています。なんとなく憂鬱なのはなぜでしょう。子供が小さいときはあれだけ盛り上がってやっていた飾りつけも、子供たちの成長とともにご近所への義務のような気持ちで家の軒先に電飾を飾ります。これは我が家にはもうサンタクロースがプレゼントを届けにきてくれる年頃の子供がいなくなったせいでしょう。今ではすっかり可愛気が無くなってしまったティーンエイジャーの息子と娘もかつてはそれはそれは可愛らしかったものです。クリスマスが近づくとサンタさんに手紙を書きプレゼントのリクエストをして、イブの夜には興奮しきってなかなか寝てくれなかったのでサンタもさぞや困ったことでしょう。朝になると早起きをしてツリーの下にプレゼントを見つけると更に興奮度のボルテージは上がり、プレゼントのラッピングをビリビリと破り、お目当ての品を発見するに至っては興奮マックスで鼻血を噴き出しそうな勢いでした。子供たちにとってはまさに夢のようなミラクルのような出来事です。子供たちが喜ぶ顔が嬉しくてクリスマスがあんなにも楽しかったのでしょう。サンタがもう来てくれない年頃になってしまうとプレゼントもクリスマスが来る随分前に前倒しで当たり前のように買わされます。これではクリスマスが盛り上がらないのは仕方がないのかもしれません。

 サンタがやってくるクリスマスが子供たちにとってミラクルなように、大人にもミラクルな出来事が必要です。しかし、様々な経験をしてきた大人は少々のことでは驚かないし、喜べなくなっています。不思議なことに、まず物事を疑ってかかり信じることを怖れます。だけどミラクルのない人生なんてつまらないとも感じています。自分でミラクルを起こそうとギャンブルをする大人もいますが、邪まな思いでいると大体の場合はミラクルに見放され辛い結末を迎えることになります。カイロプラクティックのように人の体を診る仕事に就いていると頻繁にミラクルのような現象に喜ぶ人を見ることが出来ます。腰が痛くて大好きな庭仕事が出来なかった女性が庭仕事が出来るようになったり、不眠症の方が何年ぶりかに朝までぐっすり眠ることが出来たり、もう肩が痛くてピッチャーが出来ないかと思っていた男性が草野球で再びピッチャーを出来るようになったり、慢性的な頭痛で鎮痛剤を手放せなかった方が頭痛を怖れることなく生活できるようになったり、杖をついてヨロヨロと来院された方が杖を忘れて帰ったり、目まいで壁を伝って歩いて来た方がすたすたと真っ直ぐ歩いて帰れるようになったり、手首が痛くてボールを打てなかったテニスプレーヤーが又痛みなくプレーできるようになったり、アゴが痛くて喋るのも辛かった人が大好物のステーキを食べれるようになったり、股関節が痛くて踊りを諦めていたダンサーが踊れるようになったり、自律神経のバランスが崩れてうつ状態で仕事にいけなかった方が元気に仕事に復帰したり、妊娠しにくかった方が子宝に恵まれたり、交通事故で臭覚が何年もなかった人が奥さんの作る美味しい料理の匂いが分かるようになったり、便秘で長年苦しんでいた方がすっきり毎日過ごせるようになったり、慢性疲労で何もする気がしなかった人が元気に明るさを取り戻したりと様々なミラクルを日常的に目撃することが出来るのです。

 健康な人にとってはどこがミラクルなの?当たり前のことじゃないかなと思えることでも、実際に苦しんでいる方にとっては、その苦しみから解放されることはミラクル以外の何物でもありません。体が当たり前に機能して元気に生活できることは実は奇跡なのかもしれません。私は、そんな奇跡を目撃できる幸運な仕事をしているんだなと感謝します。長く苦しんでいた問題が改善されるには、時に辛抱強く治療していくことが必要です。患者さんもフラストレーションを感じたり諦めたりしそうになります。そこを励まし回復へと導くことは大変なことも多いです。しかし、地道に辛抱強く治療すれば、体はそのうち必ず好反応を示しだし回復するものです。そう信じて患者さんと同じように一喜一憂しながら寄り添って、結果が出たときは患者さんと同じぐらい私も嬉しいものです。そんなときにカイロプラクティックや人の体にミラクルを感じるのです。

 カイロプラクティックは不思議なものではありません。非常に物理的でシンプルな理論で出来ています。人の背骨に頻繁に見られるサブラクセイションという問題をアジャストメントで施術することで背骨から流れる神経の流れを正常化させるだけです。後は人間自身の治癒力が体を治してくれます。人の体は全て神経で司られています。痛みや痺れなどの感覚も身体を正常に動かす筋肉も、そして内臓も全て神経でコントロールされているのです。ですから神経がちゃんと流れていないと様々な問題が起こりえるのです。逆に言えば神経の流れが正常ならば人間の身体も正常に働く力が増して上手く機能することになります。これが健康というものです。そうすれば身体自身が問題を解決する力を持つことになります。そして当たり前のことが当たり前に機能する健康な身体になれるのです。

 世の中の当たり前のようなことは実に危ういタイトロープの綱の上で微妙にバランスを取りながらどうにか正常らしさを保っているのではないでしょうか。ちょっと風邪が吹けば今にもバランスを崩して倒れそうな方が、自分は大丈夫と勘違いをして生きています。健康面においてもそのような方が実に多いのではないでしょうか。私のコラムを読んでいる方やそのご家族や友人の方には危険な綱渡りやギャンブルのよう無謀な賭けをせずに早めにカイロプラクティックで安心して広く平らな道を歩んでいただきたいと思います。酷い状態になるその前により健康になる、元気になることの素晴らしさに気付いて欲しいですね。

 われわれの普段の生活の中にある当たり前の幸せこそが本当に奇跡のようなミラクルのようなことかもしれませんね。この季節、当たり前だと思っている家族の存在、友人の好意、健康というものに感謝して過ごしたいものですね。皆さんにサンタが素晴らしいミラクルを運んでくることを願っています。心温まる素晴らしいホリデーシーズンをお迎えください。

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診