TopMainImage

ベイスポ2012年6月号「カイロの正体」

ベイエリアの皆さん、良い天気になってきましたね。お元気ですか?『全ての方にせぼね検診』を目指す炎のカイロプラクター、ドクター岡井です。そろそろ学校も夏休みに突入する時期になってきました。本当に時間が経つのが早いですね。夏休みの予定はどうでしょうか?私も少しは休みを取りたいのですが、生来貧乏性のせいなのか休みを取ると落ち着かない性分でなかなかゆっくり休暇をとることが出来ません。仕事が好きなせいもあるのでしょうが、もっと休みが欲しいとか早くリタイアしたいという願望があまりないのです。出来る限り長くカイロプラクティックをやっていきたいと願っています。

我が家の夏は高校を卒業した息子が日本での大学進学を目指して今月から東京での予備校通いです。秋には受験を終えて一旦こちらに戻るので4ヶ月の日本滞在になるのです。初めての寮生活や日本での生活を楽しみにしているようです。受験生という緊張感や自覚はエベレスト山頂の空気より希薄です。予備校の所在地が新宿ということで間違った方向に角を曲がっていく習慣が付かないことを親としては切に願っています。娘も夏はバレエで忙しくなりそうなので、子供たちには本当に手が掛からなくなってきました。寂しいような嬉しいような気持ちですが、プライベートでは時間の余裕が少し出来ます。そこでゆっくりしていればいいものを日本の出版社とカイロプラクティックの小冊子を作ろうという話が持ち上がりました。これはカイロの治療院にこられた患者さんにカイロを正しく理解していただけるように漫画形式で分かりやすく説明して配れるようにという狙いがあるのです。

日本で数年に一回本を出版したり、テクニック解説のDVDをリリースしていますが、これまでのものは業界向けの専門的なものが多かったのです。今回のものは一般の方にカイロプラクティックを分かっていただくための小冊子です。アメリカで生まれたカイロプラクティックですが、日本では多くの方が中国の秘境かどこかで生まれた不思議な東洋医学だと思っているようです。中にはエジプトのカイロで生まれたと真剣に信じている方もいます。そのような方々にカイロを知っていただくためには、かなりしっかりとした小冊子を分かり易く作る必要があるのです。そして膨大な時間をかけて作るからには、それを患者さんに手渡す私たちカイロプラクター自身の身が引き締まるようなものにしようと思って書き始めたら、何と私自身の身が引き締まって息苦しくなってしまいました。それは近年少しずつ大切に蓄えてきた腹回りの脂肪のせいでウエストが苦しくなったというわけではなく、カイロプラクターとしての心が苦しくなったのです。

あらためて「自分は今までカイロプラクティックを正しく皆さんに伝えていたか?」と自分自身に問いかけたときに、とてもじゃないけど胸を張ってそう言いきれない自己嫌悪というものを感じたのです。自分の使命はカイロプラクティックの素晴らしさを一人でも多くの方に伝え、健康管理の軸にしていただくことだと一生懸命に頑張ってきたと勘違いしていました。ところが本当のところはカイロプラクティックが何たるかを正しく伝えきれていなかったのです。私の患者やスタッフ、そして家族にでさえ満足にカイロプラクティックの素晴らしさを伝え切れていなかったニ十年間を大いに反省しました。きっと神様が私に新たなレベルでの使命を与えるためにこの小冊子制作の仕事を与えてくださったのでしょう。

カイロプラクティックを説明する上でキーワードが三つあります。それは『サブラクセーション』、『アジャストメント』、そして『イネイト・インテリジェンス』という三つの言葉です。『サブラクセーション』とは背骨の一部がずれたり、動きが悪くなって固まったような状態になり、そこから出ている神経の流れに干渉し妨げている状態です。カイロプラクティックはこの『サブラクセーション』という背骨の問題を手による『アジャストメント』という矯正治療を施すことで背骨の動きや位置を正常に近づけて神経への干渉を取り除くのです。そうすれば神経の流れは回復し身体が正常に機能します。この体自身が体を正常にしようとする力を『イネイト・インテリジェンス』と呼ぶのです。例えば皮膚が切れれば体が自分でそれを治癒させる力を持っています。風邪を引けば体自身が熱を出しウィルスを叩き、治してくれます。薬は症状を抑えるためや体の治す力が働きやすくするためのもので最終的には体自身が治るのです。薬は時に毒ともなるし体のイネイトを弱くして薬に依存させてしまうこともありますので注意して摂取しなければなりません。

『カイロプラクティックは治さない』とカイロプラクティックの創始者ドクター・パーマーは言いました。治すのはあくまでも体自身の力『イネイト』なのです。要するに多くの場合『サブラクセイション』によって『イネイト』という力が上手く発揮できない抑制された状態になって体が悪くなってしまっているのです。人の体は全てが神経によって司られています。その神経の中枢である脊髄が背骨の中を通っているのです。背骨に起こる『サブラクセイション』で神経に干渉が起こるとはっきりとした自覚症状が出る前に体の中では色々な変化が起こります。免疫力が低下します。頻繁に風邪、中耳炎やアレルギーに苦しむこともあるでしょう。自律神経に干渉すれば動悸がしたり、呼吸が浅くなったりして精神的にも鬱傾向になります。倦怠感や慢性疲労にもつながるでしょう。消化器への神経が干渉を受ければ消化不良や胃のモタレ、便秘や下痢などになります。生殖器への神経が干渉を受ければ生理痛や生理不順、不妊なども起こりやすくなります。筋肉への神経が干渉を受ければ筋肉は硬直したり、力がちゃんと入っていなかったり動きが鈍くなり動きのキレがなくなり怪我をしやすくなります。知覚神経に干渉があれば痛みやシビレを感じるでしょう。

よく「カイロに腰痛の治療に行ったら何と便秘も治った」「頭痛の治療に行ったら血圧も下がった」「眠れるようになった」「疲れなくなった」「視界がはっきりした」「風邪を引きにくくなった」「花粉症が改善された」「ゴルフボールが飛ぶようになった」「投球の急速が増した」「ダンスのキレが良くなった」「孫を抱き上げられるようになった」「気分が前向きに明るくなった」「イライラしなくなった」「頭がスッキリして物事の判断が的確に出来る」というような声を聞きます。コレは不思議でも何でもありません。世の中の全ての問題が『サブラクセイション』が原因だと言うつもりはありませんが、皆さんが思っている以上に多くの問題が『サブラクセイション』によって神経干渉が起こり『イネイト』が上手く作用しなくなり起こっているのです。それは、なかなか一般の方が気づくことの出来ないものです。我々カイロプラクターなら直ぐ結び付けられる原因と結果が分からないのです。このユニークだけど実は当たり前のことが理解できなければ、医者でも分からないことが一杯でてきます。今まで何人の患者さんが脳波検査やMRIといった高価な検査をしても原因が分からないと気休めにしか思えない薬を出されて、どうして良いか分からずに私の元に来たことでしょう。カイロプラクティックの観点から診れば非常に単純で分かりやすい原因によることもあるのです。明らかな『サブラクセイション』があり、それを『アジャスト』すると『イネイト』が働き出すのです。そうすれば患者さんの体はやがて正常に戻っていきます。すると様々な症状が自然と消えていくのです。患者さん自身の体が治していくのです。

多くの方が『カイロプラクタティック』は腰痛や頭痛なのどの『疼痛専門』だと勘違いしています。痛みを診るのはカイロプラクティックが提供できるもののうちのほんの一部です。もっと多くのものをカイロプラクティックは提供できるのです。なぜなら『イネイト』は体全体を正常に健康にしようとする力だからです。人が持っているポテンシャルをフルに発揮し、アクティブに生活できていなければ何かがおかしいと気づくべきです。頭が痛いのは当たり前、腰が痛いのは諦めた、肩がこるのはしょうがない、疲労感が取れないのは普通なんて思ってはいけません。痛ければ鎮痛剤を飲めば大丈夫なんておかしな話です。それは全然大丈夫ではありません。自分の体を治す力をもっと信じて欲しいと思います。中には回復に時間がかかるものもあるのでしょう。だけど簡単に諦めるまえに原因を追究し、カイロプラクティックで『サブラクセイション』を『アジャストメント』でただし、『イネイト』の力を解放してみませんか。人間が当たり前に持っている力が当たり前に働いていない人がうようよしています。カイロプラクティックは治しません。カイロプラクティックは人の体自身が治せるように神経の流れを整えるものなのです。実にシンプルでメカニカルな理論なのです。一人でも多くの方がこの簡単な理論を理解し、カイロプラクティックを健康でアクティブな生活のために積極的に役立ててくれることを願っています。これからは炎のカイロプラクターとして一人でも多くの方にカイロプラクティックの本当の素晴らしさを伝えることが私の使命なのです。

サンマテオ・クリニック
月:8:30AM~11:00AM
火:2:00PM~4:30PM
水:8:30AM~11:00AM
木:2:00PM~4:30PM(※)
金:8:30AM~11:00AM
土:12:00PM~1:00PM
日:休診
(※完全予約制)

サンノゼ・クリニック
月:12:00PM~6:30PM
火:9:00AM~11:30AM
水:12:00PM~6:30PM
木:休診
金:12:00PM~6:30PM
土:8:00AM~10:30AM
日:休診